アート

内田新哉さんの個展

表参道の画廊コンセプト21で開催中の内田新哉さんの水彩原画展「空のてがみ」に自転車で出かける。 内田さんの作品と出会ってからずいぶん経つけれど、風を感じさせる爽やかな作品は大好きで、一枚一枚じっくりと見入ってしまう。ポストカードとカレンダー…

カウパレード2

丸の内オアゾ前にいたNo.51の牛。

カウパレード1

東京駅周辺で開催中のパブリックアートイベント「カウパレード」。写真の牛は日比谷公園前の交番の脇で交通安全に貢献しています。

原美術館

品川の原美術館に束芋さんの展覧会を観に行く。 今日が最終日ということもあってか、かなりたくさんの人が来ていた。狭い空間に閉じ込められて、そこに映し出されるアニメーションを鑑賞する(させられる)というスタイルの作品が中心なので、どの作品も順番…

谷内六郎さんの壁画

消えてしまう(らしい)谷内さんの表参道の壁画「傘の穴は一番星」の写真をもう一枚。

谷内六郎展

横浜そごう美術館に「没後25年・谷内六郎の軌跡−その人と仕事」という展覧会をみにいく。『週刊新潮』の表紙絵で知られる谷内さんの展覧会はずいぶん観ているけれど、展覧会の充実ぶりは今回が一番かも。函入りの図録も資料的価値大で貴重。 このあと湯河原…

内田新哉水彩原画展

風と光と自転車の画家、内田新哉さんの個展に出かける。場所は東京・麻布十番のギャラリー東京映像。 繊細なペンと透明感あふれる水彩による爽やかな作品は大好き。 僕が自転車で旅をするようになったのも、自転車がしばしば自由の象徴として描かれる内田さ…

解ってたまるか!

劇団四季の自由劇場で「解ってたまるか!」という芝居を観る。 保守派言論人でもあった故福田恆存作の爆笑喜劇ということだが、喜劇である以上に毒と皮肉に満ちた、日本人と日本社会、あるいは人間そのものに対する風刺的な作品。

中島潔展

日本橋三越で今日から開催の「中島潔が描くパリそして日本」展を観てきた。 NHK「みんなのうた」のイメージ画などでおなじみの画家。従来の日本的な童画や美人画に、パリを舞台にした近作を加えた展覧会だった。初日で画家本人のサイン会もあって大盛況。…