散歩

馬事公苑と世田谷ボロ市

午後、世田谷の冬の風物詩で、今日が最終日のボロ市に出かけるが、その前に馬事公苑に立ち寄る。 馬事公苑では今日は特別な行事はなく、あちこちで馬が歩いたり、走ったり、芸の練習に励んだり、のんびりしたりしていた。 池の白鳥。 サッカーの練習中? 馬…

らんせん池

東京の調布市と三鷹市の境界を地図で見ていると、奇妙なことに気づく。 京王線つつじヶ丘駅(調布市)の北方で、調布市西つつじヶ丘の領域に隣接する三鷹市中原の領域が細く長く侵入しているのだ。町の境界線としては極めて不自然というほかない。 どうして…

清澄庭園

江東区の清澄庭園に行ってきた。 ハゼの木の紅葉。 アオサギ。 カワセミ。 ヒドリガモ。 ユリカモメ。 ホシハジロ。

馬事公苑

今日の東京は朝のうちは晴れていたが、やがてどんよりとした曇り空になる。 久しぶりに昼食に鶏飯をつくる。ニンニク、ショウガ、青ネギなどと一緒に鶏肉を茹でて、その茹で汁でご飯を炊いたもの。最初の頃はシンガポール風チキンライスとかカオマンガイなど…

ホースショー

強い風が吹き荒れる初夏の陽気の「みどりの日」。ホースショーをやっている馬事公苑に行ってきた。 着いたら、グラスアリーナ方面が賑やかで、何かと思えば、仮装馬術大会みたいなのが行われていた。 三人一組で、それぞれテーマに沿った仮装をして馬に乗り…

浅草

今日は皆既月食があるのだが、東京は曇り空で、今のところ月は見えない。 ということで、先日、外国人だらけの浅草にちょっと行ってきた時の写真。 ここ数年、毎年春に公開されるようになった伝法院庭園。 大混雑の仲見世通りのすぐ脇にこんな空間があるとい…

喜多見の里

世田谷区喜多見は区内でも農村時代の面影を残し、歴史遺産も多い土地である。 喜多見の古道「いかだ道」と「中通」の交差点にある地蔵尊と庚申塔。 その傍らには「念仏車」。石柱の中に六角形の車がはめ込まれ、各面に「南無阿弥陀佛」の文字が書かれている…

皇居乾通りの紅葉

今月3日から7日まで一般公開された皇居内の乾通りを歩いてきた。大きく報道されたこともあり、大混雑が予想されたが、やはりすごい人出だった。たくさんの警察官が整理にあたり、手荷物検査、ボディーチェックもあるため、かなり待たされる。 (長蛇の列!…

晩秋の外濠

旧江戸城外濠に沿って電車が走るJR中央・総武線の晩秋風景。 上の写真の手前のこんもりとした茂みにゴイサギがいた。 カモメ。死んだ魚を見つけたようだ。 アオサギ。 ほかにカワウ、ダイサギ、コサギ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、ウグイス(声のみ)、…

浜祭

文化の日、先週の段階では雨の予報だったが、晴れた。 昼前から出かけ、まずは表参道のギャラリーで開催中のイラストレーター内田新哉さんの個展へ。 内田さんの繊細なペンと透明水彩による爽やかな風を感じさせる絵に出会ったのはもう20年以上前のことで、…

実篤公園

調布市若葉町にある実篤公園。武者小路実篤が晩年を過ごした旧宅を公園として公開している。 太古の多摩川が武蔵野台地を削って形成された国分寺崖線に立地する高低差の大きな公園で、湧水の池がある。 池は道路を挟んで二段になっていて、上段の池にはニジ…

すみれば庭園の春

世田谷区桜丘にある桜丘すみれば自然庭園に行ってきた。 池にはカエルの卵。オタマジャクシがもう外に出ているようだ。 メダカもいる。 つくし。 ハクモクレン。 サンシュユ。 ヤブツバキ。 園内を散歩するネコ。 すみれば庭園にはまだスミレは咲いていなか…

水が戻った井の頭池

1月から水を抜く「かいぼり」を実施していた井の頭池が元の姿に戻った。 本当なら水を抜いた後、池底を天日干しして、その後に注水という予定だったが、2月の2度の大雪のおかげで池底を乾かす間がないまま、2月24日から水を入れ始め、3月9日に満水にな…

ボロ市と馬事公苑

世田谷の冬の風物詩、ボロ市が始まる。 天正6(1578)年に世田谷城下の世田谷新宿で開かれた楽市が起源で、今年で436年目の開催。 日曜日ということもあり、大変な人出で、ゆっくりと品定めができる状態ではなく、なんとなく人ごみの中を歩いてきただけ、と…

明治神宮

先日、明治神宮へ行ってきた。 北池にオシドリ発見。有名なオシドリ飛来地だが、ここでオシドリを見たのは初めてかも。 マガモもいる。 ほかにカルガモなど。 御苑の「清正の井」。南池の水源。 紅葉も見ごろは少し過ぎたかな。でも、まだきれい。 御苑のタ…

大田黒公園の紅葉

荻窪に行ったついでに大田黒公園を散歩してきた。 大田黒公園は音楽評論家・大田黒元雄氏(1893-1979)の屋敷跡を杉並区が庭園として整備した公園で、ちょうど紅葉が見ごろだった。 門から続くイチョウ並木。 記念館は昭和8年の建築。 なだらかな斜面となっ…

赤トンボとにらめっこ

先日の六義園で見つけた赤とんぼ。 にらめっこをしてみた。 相手にされず、逃げられた…。 もう晩秋というより初冬の気配だが、まだほかにもいろいろな昆虫が活動中。 六義園で出会った野鳥たち。ほとんど失敗写真。 ほかにアオジ、ウグイス、ハクセキレイ、…

六義園でホシハジロに会う

けさはウチのまわりでツグミを今季初確認。 さて、そんなに珍しくないはずなのに、昨シーズンは井の頭池でも不忍池でも一度も姿を見なかったホシハジロを久しぶりに見た。場所は六義園の池。 キンクロハジロとホシハジロがまるでカップルのように男同士で…。…

内田新哉水彩原画展と浜祭

表参道のギャラリー、コンセプト21で開催中のイラストレーター内田新哉さんの個展に行く。 内田さんの作品に出会ったのはもう20年以上前で、東京では毎年秋に開催される作品展にも15年ほど前からほぼ毎回出かけている。 ペンと水彩による繊細で透明感のある…

神田川の源流

先日、御茶ノ水駅付近の神田川を取り上げたが、その神田川の源流。 神田川の水源が井の頭公園の池であることは知っている人は知っているが、案外知らない人もいたりする。 井の頭池は善福寺池(杉並区)や三宝寺池(練馬区)などとともに武蔵野台地の標高50…

馬事公苑

午後から馬事公苑へ。 雲ひとつない快晴。さわやか。 フラワーガーデンのツマグロヒョウモン。 コスモス。 雑木林でツクツクボウシがまだ鳴いていた。 馬術競技会も行われていた。 東京農大の「食と農の博物館」とバイオリウムにも立ち寄る。 (クリオネ) …

明治神宮の花菖蒲とタヌキ

明治神宮の御苑に行ってきた。「清正の井」の谷戸の菖蒲田。花菖蒲は見ごろのちょっと手前という感じ。 カラスも花見? 谷戸の最奥でこんこんんと水が湧く「清正の井」。 この水が菖蒲田を潤し、南池に注ぐ。 甲羅干し。 スッポンが這い上がってきた。 泳ぐ…

ホースショー

午後、連休だし馬事公苑で何かイベントでもやっているのだろう、と思い、自転車で行ってみると、ホースショーをやっていた。自転車で走りだしてはじめて半袖Tシャツ1枚だと少し風が冷たく感じられることに気がついたが、まあいいか。 5月の空に鯉のぼりも…

実篤公園

5月の始まりはどんよりとした曇り空。 ということで、先日訪れた調布市若葉町の実篤公園。武者小路実篤が晩年の20年を過ごした邸宅跡を公園化したもの。武蔵野台地を太古の多摩川が削ってできた国分寺崖線の斜面に立地する緑と水の公園。 台地上の入口から…

浅草寺伝法院庭園

浅草寺の伝法院の庭園は通常は非公開だが、ここ数年、特別公開される機会が増えてきた。今年も一昨日(21日)から5月7日まで公開されているので行ってきた。 けさの始発から地下化された小田急線の梅ヶ丘〜代々木上原間はなるほどこうなったのか、という感…

明治神宮の森散策

まだ雪の残る明治神宮の森を歩いてきた。 氷のはった北池。 アオジ。 御苑には相変わらずヤマガラが多い。 菖蒲田になった谷戸もまだ雪景色。 谷戸の奥の「清正の井」。 こんこんと水の湧く井戸のそばでヤマガラが水浴び。 コゲラ。 ルリビタキ♂。 ルリビタ…

冬の馬事公苑

午後から馬事公苑に行ってきた。 2020年に東京オリンピックの招致が実現したら、またここが馬術競技の会場になるのかな。 放飼場。芦毛馬が2頭。オスのキャメロット(14歳)とメスのネレイダ(8歳)。 日本ではこの2頭だけという「フリーダム・ホース・シ…

外濠沿いを行く

東京のど真ん中を走るJR中央線は飯田橋〜市ヶ谷〜四谷と旧江戸城のお濠沿いを走る。この区間を電車で通る時、たいてい車窓に水鳥の何羽かは見つけることができる。今日はキンクロハジロ、ダイサギ、コサギ、カワウ、ハシビロガモなど。もともと小川が流れ…

経堂五丁目特別保護区の一般開放

今朝も霜が降りる冷え込み。しかも、先日の初霜より白くなる面積が拡大。その分、空は雲ひとつない快晴。 世田谷区に4か所ある特別保護区のうち、経堂五丁目特別保護区が今週と来週の土日に一般開放されているので、散歩がてら行ってきた。ここはかつて世田…

等々力渓谷のルリビタキ

等々力渓谷を散策していたら、稚児大師堂のそばに青い鳥がいた。ルリビタキ。たぶん初めて見たかも。しかも、わずか2メートルほどという至近距離!アップで写真を撮ろうと思ったら、あとから来たおじさんがたくさんの小銭を賽銭箱に投げいれたので、そのジ…