旅のアーカイヴス

急行「八甲田」〜青函連絡船「大雪丸」

上野駅の13番線ホームには独特の雰囲気がある。行き止まり式の地平ホームの中でも一番端に位置し、頭上は高架ホームに覆われているため、いつも薄暗く、どこかヨーロッパのターミナル駅のようでもあるし、その仄暗いなかに列車が運んできた北国の空気が濃密…

急行「八甲田」

昭和57年3月20日、土曜日。高校2年の終業式を終えて、今夜から1年ぶり2度目の北海道旅行に出かける。早めの夕食を済ませ、家を出た時、外は雨だった。 昨年は寝台特急「ゆうづる1号」での旅立ちだったが、今回は急行「八甲田」号である。「八甲田」を利…

鹿児島交通線

8月23日、吹上浜ユースホステルのお姉さんに車で日置駅まで送ってもらい、駅で加世田駅までの切符を買って、10時11分発の加世田行きに乗車。 ディーゼルカーは今日も激しく揺れながら、水田や森の中を走る。時折、東シナ海が見える。 相変わらず、どの駅にも…

宮之城線&鹿児島交通線

前日、霧島高源ユースホステルに泊まった僕は、この日(8月22日)、霧島神宮駅から日豊本線の急行「錦江1号」で隼人へ行き、肥薩線に乗り換えて栗野へ、さらに山野線で薩摩大口駅に12時21分に着いた。朝から青空がのぞいたかと思えば激しい雨になったりで、…

旅の終わりは急行「いいで」

昨日は南部縦貫鉄道に乗った後、青森に出て、20時35分発の急行「津軽4号」に乗車。奥羽本線経由で早朝5時49分に福島に到着。ここで下車。もう東京へ帰るだけなので、このまま乗っていれば、10時06分には上野に着くわけだが、それでは面白くない。 というわ…

南部縦貫鉄道

南部縦貫鉄道は青森県の野辺地と七戸を結ぶ20.9キロのローカル私鉄。東北旅行の最後に寄ってみた。 野辺地駅で七戸まで480円の切符を買い、改札を通る。 南部縦貫鉄道の乗り場は構内のはずれ、駅舎から一番遠いところにあり、そこへは国鉄の立派な跨線橋で東…

下北半島へ

宮古駅に近い末広館ユースホステルを6時過ぎに出発。相部屋なので、同室の人たちを起こさないように布団をたたみ、着替えを済ませ、荷物をまとめて出発の準備をしなければならず、大変だった。 こんなに早く出発したのは一日4往復しかない宮古線に乗るため…

釜石線~山田線~岩泉線

岩手県の花巻にいる。時刻は8時半過ぎ。天気は雨。これから9時03分発の釜石線釜石行きに乗って、三陸海岸に向かう。 花巻駅の1番ホームで待っていると、8時56分に釜石からの622Dが到着し、これが7分後に631Dとなって折り返す。 ほぼ満席の状態で花巻をあと…

奥羽本線445列車

東京・上野駅を前夜23時04分に発った奥羽・陸羽西線経由の酒田行き急行「出羽」は福島・山形県境の4つのスイッチバック駅が連続する峠道をノンストップで越え、未明の4時43分に米沢駅に到着した。ここで下車。 12両編成のディーゼルカーを見送り、ホームで…

常磐線客車鈍行221列車

小田急の始発電車で出発し、新宿から山手線で上野駅へ急ぐ。田端を過ぎたあたりで、上野5時30分発の郡山行き客車鈍行121列車が走っていくのが見えた(当時は東北線にも上野から1日3本の客車鈍行が出ていて、あとの2本は一ノ関行きと福島行きだった。いず…

日中線

上野を前夜23時49分に発った急行「ばんだい5号」は夜明け前の会津若松に5時ちょうどに到着した。中学校の友人F君との2人旅。ともに初めての夜行列車の旅でもあった。会津へやってきた理由は特になく、強いて言えば、東京発の周遊券で一番安いのが「福島・…