多摩動物公園で事故

 昨日、多摩動物公園に出かけて、いろいろな動物の写真を撮ってきた。なので、今日はその中からネタを選ぼうと思っていたのだが、その多摩動物公園で今日、残念過ぎる事故が起きてしまった。

 インドサイの飼育施設で50代の男性飼育員が殉職したのだ。

 共同通信の配信記事。

「25日午前10時50分ごろ、多摩動物公園(東京都日野市)のインドサイを飼育する施設内で、50代の男性職員が倒れているのを上司が見つけ、119番した。警視庁日野署によると、男性は左脇腹にけががあり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署はサイに襲われた可能性もあるとみて詳しい状況を調べている。

 園によると、男性が担当する動物が開園時間を過ぎても展示スペースに出てこないため上司が確認しに行くと、サイの施設内の作業部屋で倒れていた。男性は朝から1人で掃除などをしていた」

 

 午前10時50分ごろということはもう開園している時刻であり、園内には大勢のお客さんがいたはず。サイ舎の周辺にも人はいただろう。園内無料シャトルバスのインドサイ前停留所はコアラ館の最寄でもあるのだ。

 僕は昨日の多摩動物公園で夕方、インドサイを屋内に収容した後、運動場のプールの水を抜き、清掃している男性職員の姿を横目に見ながら帰ってきたのだ。亡くなったのがその方なのかどうかは不明。

 多摩では原則として、インドサイと飼育員が同じ空間に入ることはないはずだが、サイの皮膚に塗る薬が落ちていたというから、あるいは治療のためにサイのいる場所に入っていたのかもしれない。

 サイが危険な動物であることは飼育員なら当然知っていることであるし、人命は尊いという観念も動物たちには通用しない、人間だけの思い込みである。だから、このような事故が起きても、サイに責任はない。100%人間の責任で事故を防がねばならなかったわけだが、ベテランゆえのちょっとした油断があったのだろうか。事故の詳細は全く不明なので、何とも言えないが、とにかく残念としか言いようがない。

 亡くなられた職員の方のご冥福をお祈りいたします。そして、このような悲しい事故が二度と起こらないようにしてほしい。

 

 なお、多摩動物公園では本日が夏の夜間開園「サマーナイト」の最終日だったが、急遽中止となり、15時で臨時休園となった。

 昨日撮影したインドサイの写真はあるけれど、掲載は見合わせます。

コアラの赤ちゃん(続報)

 多摩動物公園で今年2月7日に誕生したコアラの赤ちゃん。誕生後、すぐに母親ニーナのお腹の袋の中に潜り込み、その中でお乳を吸って成長してきた。

 先日(8月12日)にニーナのお腹の袋から手が出ている写真を紹介したが、今日、顔を出しているところを確認。

f:id:peepooblue:20190824203217j:plain

f:id:peepooblue:20190824203339j:plain

 コアラは有毒のユーカリの葉を少量食べるだけなので、エネルギーを浪費しないように1日20時間ぐらい寝ている。多摩でもほとんどの時間眠っていて、お客さんに背中を向けていることも多い。なので、お腹の赤ちゃんが見える確率はそれほど高くない。

 今回はたまたま短い時間、正面から顔を見ることができた。その場にいたのは3人だけ。

f:id:peepooblue:20190824212103j:plain

f:id:peepooblue:20190824203844j:plain

f:id:peepooblue:20190824205027j:plain

 赤ちゃんの顔は隠れて、手(足?)が見えた。

f:id:peepooblue:20190824205659j:plain

 赤ちゃんはすぐにまた袋の中に潜り込み、動かなくなった。モゾモゾ動いていた母親も背中を丸めて眠ってしまう。もう赤ちゃんはもちろん、母親の顔も見えない。

 赤ちゃんが袋から完全に出てくるのももうすぐか。

 

(おまけ)シマオイワワラビー

f:id:peepooblue:20190824205607j:plain

 「暑いねぇ」

 「早く秋が来ないかなぁ」

f:id:peepooblue:20190824205632j:plain

(きょうの1曲)森高千里/Sweet Candy


森高千里 『SWEET CANDY』 (PV)

アフリカゾウ

 きょうも東京は雨が降ったりやんだりの天気。最高気温も28.5℃までしか上がらず。猛暑から解放されるのはありがたいが、夏が終わるというのも何となく寂しい。

 多摩動物公園アフリカゾウ。2頭のおばちゃんゾウと1頭の少年ゾウが暮らしている。

 アコ。推定54歳。体形はどちらかというと痩せている。

f:id:peepooblue:20190823212226j:plain

 牙が片方だけ長い。

f:id:peepooblue:20190823212306j:plain

 チーキ(手前)、推定43歳。太っている。

f:id:peepooblue:20190823213008j:plain

f:id:peepooblue:20190823213038j:plain

 砥夢(トム)、10歳。ずいぶん大きくなったし、足が長くなった。

f:id:peepooblue:20190823213247j:plain

 牙を折ってしまって、現在治療中。

f:id:peepooblue:20190823213411j:plain

 教育係のチーキと一緒に過ごしている。

f:id:peepooblue:20190823213454j:plain

(きょうの1曲)アイヌ詞曲舞踊団「モシリ」/カムイ・プヤラ

 かつて北海道を旅した時に知ったアイヌ詞曲舞踊団「モシリ」。アイヌの伝統的な音楽と踊りを現代風にアレンジしたパフォーマンスで多くのファンをもつ。

 僕自身、彼らのライヴを北海道と東京で計5回観ていて、発売された13枚のCDもすべて揃えてしまった。

 この曲はアイヌ民謡をアレンジした作品。カムイプヤラとは「神の窓」の意味で、アイヌの伝統的な家屋にある祭事用の道具を出し入れする神聖な窓のことであるという。  クラリネットを吹いているのはジャズミュージシャンの坂田明


カムイ・プヤラ

 

 こちらにライヴの動画があった。

www.facebook.com

30日ぶり

今日の東京は雨が降ったり、晴れたり、曇ったりという不安定な天気。このところ、こんな日が続いている。

 朝の最低気温は23.2℃まで下がり、そして最高気温も29.5℃。30日ぶりに30℃を下回り、真夏日にはならなかった。でも、湿度が高く、蒸し暑くは感じたけれど。

 夜が明けるのは遅くなり、夕方、暗くなるのも早くなった。昼間はセミがまだ賑やかだが、夜には秋の虫が鳴くようになった。季節は確実に移ろいつつある。

 写真は上野動物園のバードハウスにいるアオバズク

f:id:peepooblue:20190822214019j:plain

(おまけ)2007年8月の日光・戦場ヶ原。

f:id:peepooblue:20190822214449j:plain

f:id:peepooblue:20190822214549j:plain

(きょうの1曲)DOOPEES / Magic Journeys


Magic Journeys - Sound Concierge X Numero Tokyo

90歳の太郎さん

 きょうの東京は都心の最低気温が23.6℃。先月26日から続いていた熱帯夜の連続記録が26日でストップ。要するに今月になって初めて気温が25℃を下回ったことになる。

 日中も曇りがちで、最高気温は31.4℃。夕方には雨も降る。

 

 さて、小湊鉄道の話が一段落して、少々ネタ切れ気味なので、推定年齢90歳の太郎さんをご紹介。

 上野動物園にいるガラパゴスゾウガメである。

f:id:peepooblue:20190821194409j:plain

 上野に来園したのが、1969年2月だそうで、今年で50周年だが、生まれたのは推定1929年だという。つまり、今年で90歳ということになるのだ。もちろん、上野の飼育動物の中では最長寿。それでも、ゾウガメとしてはおじいさんというほどの年齢ではないらしい。

f:id:peepooblue:20190821194649j:plain

 ガラパゴスゾウガメは日本に3頭しかおらず、すべてオス。うち2頭は上野にいる。

上野のもう1頭は推定1940年生まれの「カメ吉」。ということは、79歳。ふだんは非公開である、太郎より年下だが、上野に来たのは1960年なので、今年で59年目。上野に最も長くいる動物である。

 2頭ともこのままでは子孫を残すことができないが、いつか若いお嫁さんがやってくる、なんてことはないのかな。

 

(きょうの1曲)森高千里/So Blue


森高千里 『SO BLUE』 (PV)

小湊鉄道の旅 '19(その3)

 8月18日、日曜日に出かけた小湊鉄道の話のつづき。現在、養老渓谷駅にいる。

 11時16分発の列車に乗り、小湊鉄道の終点、上総中野へ。

 小湊鉄道は起点の五井から養老渓谷までは市原市内だが、終点の上総中野だけが大多喜町に属している。

 山深い区間でトンネルを二つくぐって、房総半島の分水界を越える。これまでは東京湾にそそぐ養老川に沿って走ってきたが、ここからは太平洋にそそぐ夷隅川水系となり、少し土地が開けると終点の上総中野である。11時23分着。

 ここで外房の大原へ通じる、いすみ鉄道(旧国鉄木原線)に接続しているが、乗り換え列車の姿はない。

f:id:peepooblue:20190820053531j:plain

 列車を降りると、その列車の写真を撮る、というのが小湊鉄道では普通の光景である。女性もカメラを向けている。昔は鉄道の写真を撮る女性はあまり見なかったが、最近はまったく珍しくなくなった。

f:id:peepooblue:20190820054003j:plain

 燃えるようなカンナの花が夏の駅を演出している。

f:id:peepooblue:20190820054102j:plain

f:id:peepooblue:20190820054400j:plain

f:id:peepooblue:20190820054549j:plain

 上総中野は無人駅。何もない駅なので、僕はすぐ折り返す。

f:id:peepooblue:20190820054816j:plain

 上総中野ではわずか8分の滞在で、今乗ってきた列車に再び乗り込み、11時31分発。

 次は月崎駅で降りようと思う。

 前回(2017年7月8日)、月崎で降りて、隣の上総大久保まで歩いた。山越えルートを歩くつもりだったが、途中で道を間違え、炎天下、1時間半も無駄に歩いた末に月崎にいったん戻り、改めて線路沿いの道を大久保まで歩いたのだった。あの時、歩けなかったルートを辿ってみようという思いがずっとあって、今日こそは、と思っていたのである。

  

peepooblue.hatenablog.com

 

 なので、月崎で降りるつもりだったが、途中で気が変わって11時44分に上総大久保で下車。ここから月崎へ向かうことにする。

f:id:peepooblue:20190820060044j:plain

 緑の中にぽつんとある上総大久保駅。トトロがいそうな駅。

f:id:peepooblue:20190820060149j:plain

 いた!

f:id:peepooblue:20190820060241j:plain

f:id:peepooblue:20190820061100j:plain

f:id:peepooblue:20190820061144j:plain

 駅前に地図があり、月崎までのルートを確認。平成橋、柳川橋を通る道だ。

f:id:peepooblue:20190820061637j:plain

 では、スタート。日傘をさして歩き出す。熱中症予防のためにも男女を問わず炎天下では日傘をさしたほうがいい。女性の中には「男の日傘はダメでしょ」などという日傘は女性の特権だと言わんばかりの声もあるが、「いいと思う」という声もあり、僕は今では普通に日傘(晴雨兼用の傘)を持ち歩いているし、使っている。でも男で日傘をさしている人をこの夏はまだ見ていない気がするな。

 それはともかく、上総大久保。いい駅だ。圧倒的な緑に押しつぶされそうな駅。夜更けに最終列車でこの駅に降り立ったら、どんな気分だろう。ちなみに終列車の到着は20時43分である(平日は20時58分)。

f:id:peepooblue:20190820062015j:plain

f:id:peepooblue:20190820062350j:plain

 美しい田園地帯。前回はここでトロッコ列車の写真を撮った。今日ももうすぐ養老渓谷行きがやってくるはず。

f:id:peepooblue:20190820062741j:plain

 それにしても暑い。ペットボトルの飲み物が残り少ない。この先では月崎までお店はもちろん、自販機すらないだろうから、ちょっと不安。

 上空を旅客機が頻繁に通る。羽田か成田かに降りるのだろう。かなり低いところを通過していく。

 セミが相変わらず賑やかで、シオカラトンボもたくさん飛んでいる。キリギリスも鳴いているし、バッタが飛び立ったりもする。

 田園をあとに道は山林の奥へとまっすぐ上っていき、まもなくトンネルが現れた。

f:id:peepooblue:20190820063430j:plain

 トンネルの中はちょっと涼しい。

f:id:peepooblue:20190820064034j:plain

 トンネルを抜けると、路上をトカゲのように素早く動く緑色のものがいて、何かと思ったらカマキリだった。

 道しるべがあった。大久保から1.2キロ地点。月崎まであと3.6キロ。「房総ふれあいの道」のうちの「森と梢のみち」というらしい。

f:id:peepooblue:20190820064536j:plain

 緑陰の道は暑さもいくらか和らいで心地よいが、ほかに歩いている人はいない。車も通らない。

f:id:peepooblue:20190820064830j:plain

f:id:peepooblue:20190820064952j:plain

 前回、月崎から大久保まで線路沿いを歩いた時、シカに遭遇したので、今回も期待しているのだが、こんな猛暑の日中は動物たちも活動しない。涼しくなる夕方まで森の奥でじっとしているのだろう。セミの声だけが騒がしい。

f:id:peepooblue:20190820065137j:plain

 それにしても、本当に誰にも会わない。こんな暑い中を歩く物好きは僕だけ、ということか。

 途中、少し土地が開けても耕作放棄地のような荒れ地ばかりで、田畑もほとんどない。人家もない。

f:id:peepooblue:20190820081346j:plain

 人の気配といえば、頭上を頻繁に通過する旅客機の音ぐらいである。

f:id:peepooblue:20190820082508j:plain

 やがて橋があった。「平成橋」と書いてある。大久保駅前の案内地図にあった橋の名前だ。

f:id:peepooblue:20190820082255j:plain

 橋の下をのぞくと、小魚が群れていた。

f:id:peepooblue:20190820082429j:plain

 曲がりくねった道を歩いていると、カーヴの向こうから勢いよくバイクがやってきた。大久保駅をあとにしてから初めて人に会った。ツーリングのライダーらしかったが、カーヴの先に歩行者がいることなどまるで想定していないような飛ばし方だ。こちらも気をつけねば・・・。

 ウグイスの声を聞きながら歩いていると、滝があった。正確にいうと「茂平の滝」という看板があった。どこに滝があるのかはよくわからない。

f:id:peepooblue:20190820082705j:plain

 近づいてみると、対岸の崖の上からわずかな水が落ちていた。

f:id:peepooblue:20190820091816j:plain

 滝を過ぎて、清流沿いに下っていくと、ようやく人家が現れ、車とすれ違ったりもするようになった。

f:id:peepooblue:20190820083008j:plain

 静かな集落を行くと、やがて柳川橋に出た。ここで県道に合流する。ここは前回通った。月崎からきて、ここで今歩いてきた道に入るべきだったのに、僕はそのまま県道を歩き続け、君津市に入ったところで道を間違えたことに気づいたのだった。

f:id:peepooblue:20190820092357j:plain

(左へ行くのが僕が歩いてきた上総大久保駅方面。右は君津市久留里方面)

 改めて確認したが、「大久保方面」を示す道標は見当たらなかった。

 あとは前回も歩いた県道を行けば月崎駅に出る。交通量も多くなり、もうあまり面白くはない。カンカン照りで、日陰もほとんどないので、日傘が本当にありがたい。

 

 上総大久保駅から4.8キロ。1時間ほどで月崎駅に着いた。特に見どころがあったわけでもないが、面白かったとは思う。歩いてみて、よかった。

f:id:peepooblue:20190820130517j:plain

 千分の10の勾配標の下に湧き水がある。

f:id:peepooblue:20190820130557j:plain

 

f:id:peepooblue:20190820131232j:plain

 月崎駅には数人の観光客がいた。もうすぐトロッコ列車がやってくるようだ。以前は月崎駅では乗降はできなかったが、いつのまにか停車駅に加わっていて、乗車整理券を販売するための駅員もいた。前回は自由に出入りできた駅事務室が復活していて、何よりも入場券なしにはホームに出られなくなっていた。

 すぐにトロッコ号がやってきた。12時52分発。上総牛久行きなので、機関車が最後尾である。

 月崎を発車する里山ロッコ2号。

f:id:peepooblue:20190820131113j:plain

 とりあえず、駅前のヤマザキショップでスポーツドリンクとパンを買い、駅で休憩。暑い。汗だくだ。扇子でひたすらあおぐ

 駅舎の軒下にはたくさんの風鈴が吊り下げられていて、風が吹くたびにチリンチリン、カランカランと音を立てている。でも、風鈴の音だけでは涼しくはならないのだった。

f:id:peepooblue:20190820133631j:plain

 ところで、改めて時刻表を見ると、次の五井方面は14時21分発で、まだ1時間20分ぐらいあることが分かった。次に来るのは13時17分発の上総中野行きである。もうそちらには用はないが、ここにいても仕方がないので、また養老渓谷駅まで行くことにしよう。あそこには駅前に食堂もある。

f:id:peepooblue:20190820133842j:plain

f:id:peepooblue:20190820134109j:plain

f:id:peepooblue:20190820134142j:plain

 というわけで、また上総中野行きに乗車。今度は珍しく3両編成だったが、先頭車両は貸し切りで「歌声列車」のヘッドマークを付けている。車内でみんなで歌いながら小湊鉄道を往復するというイベント列車のようだ。

f:id:peepooblue:20190820134333j:plain

f:id:peepooblue:20190820135153j:plain

 再び上総大久保を通り、13時26分着の養老渓谷で下車。歌声列車一行もここで下車。おじさん、おばさんが大勢降りてきた。キーボードも下ろされ、アコーディオンを抱えた人もいる。そして、一行は駅前でもまた歌い始めるのだった。

f:id:peepooblue:20190820140317j:plain

 僕は駅前の食堂で冷やし山菜そばを食べる。卵とかキュウリとか、冷やし中華みたいな具材のほか、オクラやタケノコ、キノコ類など色々のっていて、黒っぽいのはコウダケ(香茸)という幻のキノコだそうだ。美味しかった。

 テレビでは夏の高校野球をやっている。今日は準々決勝だ。

f:id:peepooblue:20190820135451j:plain

 先ほどの列車が上総中野で折り返して、14時12分に戻ってきた。歌声一行も最後尾の貸切車両に乗り込む。五井までまた歌いながら帰るのだろう。

 一般客は前2両だが、先頭車は冷房が効いていないという情報が流れ、みんな2両目に乗り込む。こちらも確かに冷房は入っているが、あまり涼しくない。扇子が手放せない。

 今日はもうこのまま帰ろう。

 里見でまたトロッコ列車と行き違い。

f:id:peepooblue:20190820141201j:plain

 今回は下車しなかった上総鶴舞駅

f:id:peepooblue:20190820141236j:plain

 五井到着は15時15分。

f:id:peepooblue:20190820141510j:plain

 小湊鉄道のホームから跨線橋を渡ってJRのホームに行くと、まるで夢から覚めたような、現実に引き戻されたような不思議な気分になる。

f:id:peepooblue:20190820141801j:plain

 此岸から彼岸を眺めるような・・・。

f:id:peepooblue:20190820142037j:plain

 そして、また小湊鉄道に乗りたくなるのだ。今日はもう帰るけど。
















 

小湊鉄道の旅 ’19(その2)

 小湊鉄道の旅、起点の五井から二つ目の海士有木駅で途中下車して、次の上総三又駅まで歩き、8時47分発の上総牛久行きに乗車したところから。

f:id:peepooblue:20190818224018j:plain

f:id:peepooblue:20190819054906j:plain

 9時02分に上総牛久に到着。

f:id:peepooblue:20190819055445j:plain

f:id:peepooblue:20190819055520j:plain

f:id:peepooblue:20190819055629j:plain

 市原市牛久は小湊鉄道の沿線では一番大きな町で、列車の大半は牛久止まりである。つまり、この先は房総半島の中でも本格的な田舎ということになる。

 次の列車は9時44分の養老渓谷行きで、まだ40分ほどある。ということで、また隣の上総川間駅まで歩く。最近、このパターンが定着している。

f:id:peepooblue:20190819055816j:plain

 1995年夏に初めての自転車旅行で牛久にやってきた時は朝市をやっていて、3と8のつく日にやっているということだった。今日は18日なので、開催日のはずだったが、やっている気配はない。一昨年も確か開催日のはずだったが、やっていなかった。朝市はなくなってしまったのだろうか。

 牛久の街を抜けて、国道297号線を行く。すぐに五井行きの列車がやってきた。

f:id:peepooblue:20190819061718j:plain

f:id:peepooblue:20190819061756j:plain

 蝉時雨が賑やかだが、すでに一生を終えたアブラゼミも路上に何匹か転がっていた。

f:id:peepooblue:20190819061901j:plain

 坂を上って下ると、右手に黄色く色づいた田んぼが広がり、その中に緑の孤島のような上総川間駅が見えてくる。国道から小道を下って田んぼの中の道に出る。

f:id:peepooblue:20190819063533j:plain

 稲があちこちで倒れているのは、先日の台風10号の爪痕だろうか。

f:id:peepooblue:20190819063643j:plain

 牛久から25分ほどで上総川間駅に着いた。駅前のムクゲの木が葉を茂らせているが、花はない。

f:id:peepooblue:20190819064155j:plain

 まえにこの駅でアマガエルを何匹も見つけたので、今日も探してみたが、見当たらなかった。暑いからね。どこからか、コジュケイの声が聞こえてくる。

f:id:peepooblue:20190819064119j:plain

 駅の周辺ではカメラを持った“撮り鉄”らしき人が数名。田園風景の中にぽつんとある小駅にカメラを向けたりしている。もうすぐやってくる列車を待っているのは間違いない。

 彼らにとってはホーム上をうろうろする僕は極めて邪魔な存在に違いない。ローカル線の駅で列車を待っているのが地元のお年寄だったり、女子高校生だったりすると、それは絵になるが、カメラを持ったおじさんだと、ただ目障りなだけだ。

 それにしても、この駅の利用者はどれぐらいいるのだろう。

f:id:peepooblue:20190819064739j:plain

 駅前は田んぼ。

f:id:peepooblue:20190819064900j:plain

 待合室で扇子でパタパタあおぎながら待つこと十数分。遠くから列車の音が聞こえてきた。

f:id:peepooblue:20190819070002j:plain

f:id:peepooblue:20190819065856j:plain

f:id:peepooblue:20190819090828j:plain

 9時48分発の養老渓谷行きは2両編成。

 上総鶴舞、上総久保、高滝と、どこも降りてみたくなる駅を過ぎて、里見に到着。ホームに地元の人が屋台を出していて、かき氷や地元の名産品などを売っている。

 おじさんが乗り込んできて、

「ここでしばらく停まります。SLが来るから、外で撮ったほうがいいですよ」

 などという。小湊鉄道では2年前からSL風機関車が引くトロッコ列車を上総牛久~養老渓谷間で運行しているのだ。外観はSLそっくりだが、実際はディーゼル機関車である。この手のニセモノは昭和というよりは平成以降のニッポンに多く見られるものである。僕も前回乗ってみて、車内を通り抜ける風が心地よかったのを覚えている。

 とりあえず車外に出てみた。

f:id:peepooblue:20190819092214j:plain

f:id:peepooblue:20190819092248j:plain

f:id:peepooblue:20190819092319j:plain

 汽笛が聞こえた。来た、来た! あの本物のSLみたいなニセモノのSLがやってくると思い、カメラを構える。

 ・・・・・・。

 あ、そうだった。終点の養老渓谷駅で機関車の付け替えができないので、帰りの列車は機関車が後押しで走るのだった。

f:id:peepooblue:20190819093154j:plain

 4両の客車を後押しするSL風機関車。

f:id:peepooblue:20190819093405j:plain

 この駅で昔懐かしいタブレット交換を行い、トロッコ列車が先に発車。

f:id:peepooblue:20190819093644j:plain

f:id:peepooblue:20190819093709j:plain

 トロッコ列車が持ってきたタブレット(通票)を受け取った駅員さんが養老渓谷行きの運転士にタブレットを渡して、ようやくこちらも発車可能になる。里見から先の区間は列車の行き違いができる駅はないので、1本の列車しか入れないのだ。里見から終点の上総中野までは25分ほどかかるので、列車が行って戻ってくるまで、次の列車はこの区間に入れないわけで、終点での折り返し時間も考えると、1時間に1往復しか運転できないことになる。

 さて、里見で10分近く停車して10時09分に発車。

f:id:peepooblue:20190819094847j:plain

 月崎駅。この駅も好きな駅で、あとで降りてみようと思っている。ホームにコスモスが咲いていた。月崎もかつては行き違い可能な駅だったが、今は駅舎のあるホームしか使用されていない。この駅の交換設備を復活させれば、列車の運行回数は増やせるが、そこまでの需要はないのだろう。

f:id:peepooblue:20190819095032j:plain

 沿線随一の観光地に近い養老渓谷駅に10時26分到着。小湊鉄道の終点・上総中野の一つ手前だが、この列車はここが終点である。ここで折り返すことで、里見まで早く戻れ、その分、次の列車までの運転間隔を短くできるわけだ。

 駅舎の軒先からミストが出ている。

f:id:peepooblue:20190819100433j:plain

f:id:peepooblue:20190819100620j:plain

 この駅には構内に冷温2種類の足湯があり、それが楽しみだったのだが、本日は故障のためお休みとのこと。がっかり・・・。

f:id:peepooblue:20190819100648j:plain

 さて、いま乗ってきた列車は10時39分に五井行きとなって折り返す。それで引き返してもよかったが、11時16分に上総中野行きがやってくる。とりあえず、それに乗ることにしよう。

 同じ列車でやってきた観光客の多くは列車に接続する養老渓谷行きのバスに乗り込んだようだ。養老渓谷には温泉もある。

 ここでも駅前には屋台が出て、あゆの塩焼きやジェラートなどを売っているが、それらを横目に僕は線路に沿って戻るように歩き出した。近くに養老川にかかる吊り橋があるらしいのだ。

 線路に沿った草道を歩き、小さな踏切を渡ると、鬱蒼とした山林の中の小道が急な下り坂となって続いていた。

 蜘蛛の巣が張っていて、最初の巣は払って通ったが、次の蜘蛛の巣には頭が引っ掛かった。

 もう少し一般の観光客向けの散策路かと思ったら、枯れ葉や折れた枝が散乱するなど、予想外に荒れた雰囲気で、ほかには誰もいない。いろいろな虫がいる。鳥もいる。ヘビもいるかもしれない。アオダイショウならいいが、マムシだったら嫌だな、などと考えながら、もう蜘蛛の巣には引っ掛からないように慎重に進む。

f:id:peepooblue:20190819102112j:plain

 坂を下っていくと、赤い吊り橋が見えてきた。袂にも草が茂り、訪れる人も少ないようだった。

 橋を渡った先にもルートは続いているが、これ以上進もうという気にはならない。

f:id:peepooblue:20190819103041j:plain

 

f:id:peepooblue:20190819102705j:plain

 橋の真ん中で来た道を振り返る。

f:id:peepooblue:20190819103134j:plain

 駅に戻ると、次の列車の時間が近かった。

 

 つづく。