釧路から来た「ひな」

 10月14日に北海道の釧路市動物園から来園したオランウータンの「ひな」。10歳。

 彼女は人工哺育で育ったオランウータン。いま多摩にいるチェリアは母親の育児放棄により人工哺育になったのだが、ひなの場合は母親は育児をしようとしたのに、ひながうまくお乳が飲めず、人工哺育になったらしい。一度母親と離れてしまったため、その後も母親とは同居できず、4つ下の妹「りな」とは一緒に放飼場に出ていたようだけれど、オランウータンとしての生き方を学ぶチャンスには恵まれなかったようだ。そういうこともあって、社会勉強のために多摩動物公園にやってきたということなのだろう。

 多摩のオランウータン放飼場前にある家系図。ひなはジプシーのひ孫にあたる。

f:id:peepooblue:20201028195506j:plain

 実はひなは長野市茶臼山動物園の帰属である。父親のタンゴ(2014年死亡)が英国の動物園から茶臼山に来園し、その後、釧路に移動して、ひなが誕生したので、ひなの所有権は茶臼山にあるということのようだ。茶臼山動物園ではメスのオランウータン2頭(母娘)を飼育しているが、飼育施設が手狭であるため、現在、雑木林を囲った大規模な飼育施設を造成中とのこと。それが完成した暁にはひなも茶臼山へ行くことになるのだろう。

 とにかく、多摩動物公園では未だ非公開のひなが裏手のサンルームに出ていた。

f:id:peepooblue:20201028195304j:plain

 何を食べているのかな?

f:id:peepooblue:20201028195404j:plain

 多摩でヒナは誰と一緒に出てくるのだろう。チェリアやロキとはうまくやれそうだが、オトナのオランウータンとの関係が難しいのかもしれない。

 静岡の日本平動物園に嫁入りしたミンピー(12月で14歳)がいたら、面倒見のいいお姉ちゃんとしてうまく接してくれそうだけど・・・。

f:id:peepooblue:20201028195846j:plain

 正式な公開が待ち遠しいが、まだ時間がかかるのかな。

 

(きょうの1曲)小島麻由美ポルターガイスト


Mayumi Kojima - Poltergeist PV (English Romaji Sub) ~ ( 小島麻由美) 『ポルターガイスト』

きょうの摩周湖と屈斜路湖

 今日の東京は雲が多めながらも、まずまずの晴天。都心の最低気温が13.3℃で、最高気温は20.8℃。どちらもほぼ平年並みで、この季節らしい過ごしやすい一日。

 先日、買ってきたヒヤシンスの球根。けさから水栽培を開始。根が出るまでは納戸にしまっておく。

 北海道の摩周湖屈斜路湖ライブカメラの夕方の画像。

f:id:peepooblue:20201027200303j:plain

 屈斜路湖。白鳥がだいぶ増えてきた。

f:id:peepooblue:20201027200404j:plain

www.masyuko.or.jp

 ふたつの湖に近い弟子屈町川湯の今朝の最低気温は-1.5℃、最高が11.8℃。もう北国では氷点下の朝が普通になっている。

 

(おまけ)懐かしいホーロー看板。もうずいぶん前に撮影したもの。今もあるだろうか。もうないだろうなぁ。

f:id:peepooblue:20201027201120j:plain

(きょうの1曲)CAMEL / Selva


Camel - Selva(music video)

 

ワシミミズク

 多摩動物公園ワシミミズクシャトルバスの通る山道コース沿いにいて、メインルートを歩くだけでは見ることができない。バスに乗っても、あっという間に通り過ぎてしまうだけだろう。

f:id:peepooblue:20201026210319j:plain

f:id:peepooblue:20201026210019j:plain

f:id:peepooblue:20201026210042j:plain

 いつ見ても、何とも言えない表情をしている。

 

(きょうの1曲)小島麻由美/Hard Bop


Mayumi Kojima - Hard Bop

井の頭池の冬鳥

 井の頭池に冬鳥が来ていた。

 キンクロハジロ

f:id:peepooblue:20201025204629j:plain

f:id:peepooblue:20201025204709j:plain

f:id:peepooblue:20201025204837j:plain

 ヒドリガモ

f:id:peepooblue:20201025204923j:plain

f:id:peepooblue:20201025204958j:plain

 ホシハジロ

f:id:peepooblue:20201025205112j:plain

 これはいつもいるカワセミ

f:id:peepooblue:20201025205202j:plain

f:id:peepooblue:20201025205503j:plain

f:id:peepooblue:20201025205539j:plain

 これもいるもいるカワウ。

f:id:peepooblue:20201025205333j:plain

(きょうの1曲)ACOUSTIC ASTURIAS / Bird Eyes View


Acoustic Asturias - Bird Eyes View

第81回菊花賞

 牡馬クラシック三冠レースの最終戦菊花賞京都競馬場・芝3000メートルで行われ、3歳牡馬18頭が初めて経験する長丁場に挑んだ。

 注目はもちろん福永祐一騎乗のコントレイル。春の二冠を無敗のまま制し、秋初戦の神戸新聞杯も楽勝。ここまで6戦全勝。父ディープインパクト以来15年ぶり、史上3頭目の無敗の三冠馬が誕生するかどうか。皐月賞・ダービーでいずれもコントレイルの2着だったサリオスが毎日王冠で年上の馬たちに圧勝し、そのサリオスですら勝てないコントレイルは途轍もなく強い、というのが大方の評価。ということで、単勝1.1倍という圧倒的な1番人気となった。

 レースはキメラヴェリテがスタートから飛び出し、先頭で引っ張るスローペース。好スタートのコントレイルは先行勢を見ながら7番手あたりの内側を進む。長距離戦だけにゆったりと追走したいところだが、鞍上・福永のアクションを見ると、馬はかなり力んで走っているようにも見える。ルメール騎乗のアリストテレス(4番人気)が斜め後ろにぴったりとくっついて、終始コントレイルにプレッシャーをかけているようだ。

 2周目の4コーナーでコントレイルが外から先行勢に並びかけ、アリストテレス(4番人気)も一緒に上がってくる。

 そして、最後の直線、コントレイルが他の馬を一気に突き放して圧勝するシーンを想像していたが、アリストテレスが外から迫り、2頭が後続を突き放して最後までデッドヒートの大激戦となった。最後の最後にアリストテレスが差し切ってしまうのかと思ったが、コントレイルはゴールまで先頭を譲らず、首差で先着。見事に菊花賞も制し、先週、無敗の三冠牝馬となったデアリングタクトに続いて、無敗の三冠制覇を達成。この厳しいレースで勝ったのはやはり凄いとしか言い様がない。


菊花賞2020 結果

 父ディープインパクトに続いて無敗での三冠制覇を達成したコントレイルはこれで7戦7勝。G1は2歳時のホープフルSを含めて4勝目。

 過去2頭の無敗の三冠馬シンボリルドルフが次のジャパンカップで、そしてディープインパクト有馬記念で敗れ、いずれも三冠達成直後に無敗記録が途切れているが、コントレイルはどうなるだろうか。この後も勝ち続けて、偉大に父を超えてほしい。

 ところで、2着のアリストテレス。僕は今までこの馬を全く知らなかったのだが、父はデアリングタクトと同じエピファネイア。母の父がディープインパクトという血統。これで9戦3勝、2着5回。最初から最後までコントレイルをぴったりとマークして、同じペースで走り切り、改めて映像を見ると、最初から最後まで2頭のマッチレースのような展開だった。恐らく、打倒コントレイルを狙った鞍上ルメールの作戦通りの展開で、アリストテレスとしては完璧なレースだったのだろう。勝ってもおかしくないレースだったが、それでも勝てなかったのは、やはりコントレイルが一枚上手だったということだ。とはいえ、アリストテレスも実は相当に強い馬かもしれない。今後が楽しみな1頭だ。

 

1着コントレイル(福永) 2着アリストテレス 3着サトノフラッグ

4着ディープボンド 5着ブラックホール

 

飛び地でココナッツを食べるボルネオ

 多摩動物公園の雄のオランウータン、ボルネオ(35歳)も最近、スカイウォークのメンバーに加わったが、自発的に渡ろうとはしないので、飼育員さんがココナッツを見せて、スカイウォークの先にある飛び地まで誘導している。


ボルネオのスカイウォーク

 大好物のココナッツの誘惑には勝てず、スカイウォークで飛び地までやってきたボルネオ。飼育員さんが投げ入れたココナッツにようやくありつく。

f:id:peepooblue:20201024211535j:plain

 まず外側の堅い皮を歯を使って剥いて、中のジュースを飲み、それから実の内側の甘みのある部分を食べる。

f:id:peepooblue:20201024211941j:plain

 上空を通過する飛行機が気になる?

f:id:peepooblue:20201024212058j:plain

 ココナッツを食べる様子を動画で撮影してみた。飼育員さんの解説付き。


ココナッツを食べるボルネオ

 この後、数日前に投入され、誰も食べなかったココナッツを見つけ、2個目をゲット。木に登って食べる。飼育員さんによれば、1個2~3,000円はするというので、かなり贅沢なおやつ。

f:id:peepooblue:20201024213041j:plain

f:id:peepooblue:20201024213322j:plain

 彼らの生息地である熱帯雨林にはクヌギのような落葉広葉樹はないが、それでも自然の木の上で過ごすオランウータンというのは良い光景だ。

f:id:peepooblue:20201024213352j:plain

f:id:peepooblue:20201024213626j:plain

 ココナッツを食べ終えると、もうこんなところに用はないと言わんばかりにすぐ帰る。

f:id:peepooblue:20201024213759j:plain

 メスや子どものオランウータンのスカイウォークに比べると、オスは体が大きいので、迫力がある。

f:id:peepooblue:20201024213932j:plain

f:id:peepooblue:20201024213957j:plain

(おまけ)屈斜路湖の白鳥

 屈斜路湖ライブカメラで、白鳥の姿はこれまで小さな白い点でしか確認できていなかったが、今日は岸に近いところにいる白鳥がはっきり見えた。若鳥もいる。

f:id:peepooblue:20201024214253j:plain

 摩周湖

f:id:peepooblue:20201024214332j:plain

(きょうの1曲)Mike Oldfield / Jungle Gardenia 


Mike Oldfield Jungle Gardenia

チンパンジーのイブキ

 多摩動物公園チンパンジー。2019年4月30日、平成最後の日に生まれたイブキ(1歳♂)。母親のモモコのそばで遊んだり、お乳を飲んだり・・・。

f:id:peepooblue:20201023211839j:plain

f:id:peepooblue:20201023211914j:plain

f:id:peepooblue:20201023211944j:plain

f:id:peepooblue:20201023212042j:plain

f:id:peepooblue:20201023212116j:plain


チンパンジーのモモコ&イブキ母子@多摩動物公園

(きょうの1曲)Pirly Zurstrassen Septet / Nouvel an de l'air


Nouvel an de l'air