Green in Blue

 今日の東京は朝から青空。都心の最高気温は今年最高の26.2℃で、2日連続の夏日。

 Miles Davis & Bill Evans のBlue in Green ではなくて、Green in Blue。

f:id:peepooblue:20210422205514j:plain

f:id:peepooblue:20210422205307j:plain

 これは Black in Green。

f:id:peepooblue:20210422205427j:plain

 朝は真っ白な富士山がくっきりと見えたが、午後はだんだん雲が広がって、富士山もやや霞む。

f:id:peepooblue:20210422205711j:plain

(きょうの1曲)Bill Evans / Blue in Green

www.youtube.com

夏日!

 今日の東京は都心の最高気温が25.2℃と、今年初めての夏日。郊外の練馬では26.9℃。九州では30℃を超えた地点もあったようだ。

 この季節、街のあちこちでオオムラサキツツジが咲いている。子どもの頃、よくこの花をちぎっては蜜を吸ったものだ。庭に咲いていたオオムラサキの花を友達と一緒に片っ端から蜜を吸ってしまい、父に怒られたという記憶がある。

 今でも、この花を見ると、ちょっと蜜を吸ってみたい衝動に駆られるが、オトナなので、そういうことはしない。

f:id:peepooblue:20210421195104j:plain

 花の蜜を吸うメジロヒヨドリがこの花の蜜を吸っている場面というのは見たことがないな。この花に集まるのは蝶や蜂などの虫たちか。

 虫といえば、昨日、庭で今年初めて体長1センチほどのちびカマキリを見た。例年より早いのではないか。

(きょうの1曲)GONG / The Isle Of Everywhere

www.youtube.com

ゲラニウム・サンギネウム開花

 今日の東京は最高気温が24.5℃と夏日一歩手前の陽気。郊外では25℃を超えた地点もあったようだ。

 今年、植え付けたゲラニウム・サンギネウム(別名・アケボノフウロ)が最初の花を咲かせた。

f:id:peepooblue:20210420213258j:plain

f:id:peepooblue:20210420213421j:plain

 フウロソウの仲間で、かつて旅をした北海道のあちこちで見たエゾフウロとよく似ている。

 これは北海道東部の浜中町あたりの海岸に咲いていたエゾフウロハマフウロかもしれない。葉っぱの切れ込みの深さが微妙に違うらしい。一緒に咲いているのはナガボノシロワレモコウ)。

f:id:peepooblue:20210420213719j:plain

(きょうの1曲)NATIONAL HEALTH / Tenemos Roads

www.youtube.com

ボルネオのスカイウォーク

 休園が続く多摩動物公園を園外のハイキングコースから覗き見してきた話の続き。ちなみに、覗いているのは僕だけではなく、ほかにも何人も来ている。

 オランウータンのボルネオ(もうすぐ36歳)がスカイウォークをしていた。

f:id:peepooblue:20210419212129j:plain

 地上から約15メートルの高さのロープを伝っていくスカイウォーク。園内だと地上から見上げる形になるが、丘陵の尾根筋のハイキングコースからだとほとんど目の高さに見える。

f:id:peepooblue:20210419212430j:plain

f:id:peepooblue:20210419212451j:plain

 オランウータンの飛び地の前にある森の休憩所。風が心地よくて、大好きな場所でもあるが、いまはひっそり。

f:id:peepooblue:20210419212715j:plain

 飛び地にある第9タワーの上でヤシの実を食べるボルネオ。

f:id:peepooblue:20210419212902j:plain

 帰り。

f:id:peepooblue:20210419213044j:plain

f:id:peepooblue:20210419213649j:plain

f:id:peepooblue:20210419213142j:plain

f:id:peepooblue:20210419213237j:plain

f:id:peepooblue:20210419213308j:plain

www.youtube.com

 早くコロナが終息して、園内でゆっくりと動物たちと会える日が来てほしいものだ。

 

(きょうの1曲)KHAN / Hollow Stone

www.youtube.com

休園中の多摩動物公園を外から覗き見

 昨夜の雨も上がって、朝から晴天。

 東京都内の動物園や水族館は新型コロナウイルスの影響で昨年12月末から臨時休園となり、緊急事態宣言の解除に合わせて再開されるのかと思ったら、そうはならず、いまだにずっと休園が続いている。

 ということで、多摩動物公園を園外から覗き見に行ってきた。動物園の外周に沿って多摩丘陵のハイキングコースがあり、そこから園内が何カ所かで見えるのだ。特にオランウータンはよく見える。

 高幡不動の境内から始まるハイキングコースを行く。ところどころ住宅街を通るが、あとは起伏の激しい林の中の道で、まもなく左手が動物園のフェンスになる。金網に鉄板が貼り付けてあるのはタヌキなどの野生動物の侵入防止のためらしい。

f:id:peepooblue:20210418204922j:plain

 猛禽のフライングケージ。当然ながら、園路に人の姿はない。

f:id:peepooblue:20210418205155j:plain

 オオワシ

f:id:peepooblue:20210418205330j:plain

 コウノトリ

f:id:peepooblue:20210418205451j:plain

 アカカンガルー

f:id:peepooblue:20210418205632j:plain

 休園期間中にコアラの「ニシチ」が2歳で死亡するという悲しいニュースがあったコアラ館を見て、多摩動物公園の最高地点にあたる展望広場へ。

f:id:peepooblue:20210418205859j:plain

 アオバネワライカセミが見えた。

f:id:peepooblue:20210418205951j:plain

 そして、いよいよオランウータン舎へ。

f:id:peepooblue:20210418210408j:plain

 第一放飼場にはチャッピー親子とリキが出ていた。

 リキ(8歳)とアピ(6歳)の腕白コンビ。

f:id:peepooblue:20210418210647j:plain

 男の子同士、相変わらず仲が良く、ずっと一緒に遊んでいる。

f:id:peepooblue:20210418210724j:plain

f:id:peepooblue:20210418210925j:plain

 リキ。彼の母親のキキや弟のロキたちは第三放飼場に出ているようだったが、そちらは見ることができない。

f:id:peepooblue:20210418212320j:plain

 48歳になったチャッピーと生後5カ月を過ぎたホッピー♂。野生ではほぼ樹上生活のオランウータン。母親は赤ちゃんを片時も放さず、ずっと抱いて生活する。

f:id:peepooblue:20210418211052j:plain

f:id:peepooblue:20210418211249j:plain

f:id:peepooblue:20210418211348j:plain

f:id:peepooblue:20210418211417j:plain

 母親の背中にしがみつくホッピー。生まれて半年近く経って、そろそろママから離れる場面が見られるようになるかも。

f:id:peepooblue:20210418211954j:plain

f:id:peepooblue:20210418212126j:plain

 オランウータンを見ていると、背後のやぶの中からいきなり野生のアナグマが2匹、飛び出してきた。しかし、人間の姿に驚いたのか、すぐにUターンして、またやぶの中に戻っていった。一瞬だったので、写真は撮れず。

 ほかにオランウータンのスカイウォークも見ることができたが、その写真はまた明日。

(きょうの1曲)村松健/雲の澪を行く

www.youtube.com

第81回皐月賞

 3歳クラシックの第一弾、皐月賞中山競馬場・芝2000メートルで行われ、16頭が参戦。1番人気は昨年のホープフルSを勝った2歳王者ダノンザキッド。僅差の2番人気はデビューから3戦3勝のエフフォーリア。

 隣同士の枠に入ったエフフォーリアとダノンザキッドは好スタートから先行勢を見る位置につけ、並ぶようにレースを進める。

 そして、第4コーナーを回ると、ダノンザキッドは失速して馬群に沈み、一方のエフフォーリアは直線で早々と先頭に立ち、後続を突き放して圧勝。サートゥルナーリア、コントレイルに続き3年連続で無敗の皐月賞馬が誕生した。

 ダノンザキッドはまさかの15着に終わる。

www.youtube.com

 エフフォーリアはエピファネイア産駒。これで4戦4勝。重賞は2勝目。

 鞍上・横山武史騎手はG1初制覇で、父の横山典弘騎手と皐月賞親子制覇を達成。

 

1着エフフォーリア(横山武) 2着タイトルホルダー 3着ステラヴェローチェ

4着アドマイヤハダル 5着ヨーホーレイク

チェリーセージとエンドウ豆

 雨の予報の週末。

 チェリーセージが咲き始めた。

f:id:peepooblue:20210417140934j:plain

f:id:peepooblue:20210417140833j:plain

 そして、ツタンカーメンのエンドウ豆を初収穫。

f:id:peepooblue:20210417141040j:plain

 莢は紫色だが、中身は緑色。

f:id:peepooblue:20210417141118j:plain

 グリーンピース。炊き込みご飯にするつもり。

f:id:peepooblue:20210417141225j:plain

(きょうの1曲)VITA NOVA / One Prayer And A Modest Wish ~ Going Along The Path

www.youtube.com