動物園

70歳になったアヌーラ

東京はどんよりとした曇り空で寒い一日。朝、家を出たら、パラパラと霰が降っていた。 1958年の多摩動物公園開園からずっといるアジアゾウ(スリランカゾウ)のアヌーラ♂。推定1953年生まれで、今年で70歳になった。井の頭のはな子の長寿記録を更新する。 白…

コアラの子どもたち

東京は今日も晴れ。都心の朝の最低気温は1.7℃、最高は8.9℃。東京としては寒い一日。 昨日、我が家のロウバイが咲いたと書いたが、花は全部で4つあり、今のところ1つだけ咲いている。残り3個の蕾のうちの1個が今朝になったらなくなっていた。鳥に食われた…

Sleeping Tiger

新潟県などでは大変な豪雪で、道路での立ち往生や停電が発生し、大きな影響が出ているが、東京は今日も雪国の人々に申し訳なくなるほどの穏やかな冬晴れ。 都心の最低気温は0.8℃だったが、郊外は軒並み氷点下で、八王子は-3.6℃。練馬でも-1.9℃。うちでも氷が…

冬のトナカイ

多摩動物公園のトナカイ。 現在、多摩動物公園では2頭が飼育されている。 立派な角があるが、いずれもメスである。 シカの仲間の多くはオスだけに角があるが、トナカイはオスもメスも角がある。また、角が毎年生えかわるのもシカ科の特徴。そのサイクルがオ…

64歳のフラミンゴ

多摩動物公園のオオフラミンゴ(ヨーロッパフラミンゴ)は数多く飼育されているが、その群れからポツンと離れて、静かにたたずんでいる一羽を目にすると、ああ、まだ元気だったとホッとする。 恐らく野生個体で、1959年1月13日に上野動物園にやってきたとい…

子どもライオン

多摩動物公園で9月12日に誕生したライオンの赤ちゃん。3頭すべてメス。 母親はソウルから来た「ミオ」。父親はズーラシアから来た「ソラ」で、先日、ズーラシアに戻った。 ミオと子どもたちは非公開の施設で暮らしているが、運よくのぞき見ることができ…

きょうも冷え込む

東京は今日もすっきりしない天気。都心の最低気温は今季最低の4.1℃まで下がる。日中の最高気温も8.6℃までしか上がらず、真冬の寒さ。まぁ、騒ぐほどのことでもない。本日の全国最低は富良野市の-21.0℃。北国では積雪も増えていて、北海道の朱鞠内と青森市酸…

ポリゴナム

東京は晴れて、日中は気温も20℃ぐらいまで上がり、少し暑く感じた。 数年前に苗を買ってきたポリゴナム(ヒメツルソバ)が予想通りに殖えて、だんだん広がってきた。 ずっと咲いている気がするが、今が一番花数が多いように感じる。 多摩動物公園のユキヒョ…

オラン兄弟

東京はよく晴れて、日中は過ごしやすい一日。 多摩動物公園のオランウータン、アピ(8歳)とホッピー(2歳)の兄弟。 よく一緒に遊んでいるのを見るが、人間の兄弟のような兄弟げんかはあまりなさそう。 チンパンジーの群れではよく争いごとが発生している…

チンパンジーの「ディル」

街を歩いていて、どこからか金木犀の香りが漂ってきた。うちの金木犀はまだ咲いていないはずだが。 多摩動物公園で今年6月7日に生まれた赤ちゃんチンパンジーの「ディル」。男の子。 母親は「ミカン」、父親は「デッキ―」。「デッキ―」はずっと人間と暮ら…

ニホンカモシカの「サキ」

安倍元総理の国葬。国民による葬儀ではなく、国家による葬儀。もともと国民より国家を上位に考える人だったので、それでいいのだろう。安倍政権の後遺症はこれから長く尾を引くことになる。 多摩動物公園で飼育されていたニホンカモシカの「コタロウ」が昨年…

オランウータンのミンピー

今日の東京は強い日差しが照りつけたかと思うと、空が暗くなって強い雨が降ったりという不安定な天気。秋雨前線という言葉も聞かれるようになり、夏の終わりが近いのかと感じたりもするが、一方では9月も気温は高めとの予報も耳にする。まだまだ本格的な秋…

ジャガー

静岡の日本平動物園の猛獣館にいるジャガー。 ジャガーを見るのは初めてかもしれない。ミック・ジャガーは東京ドームで見たことがあるが。 このジャガーの名前は卯月小助♂。2016年4月21日、大阪の天王寺動物園で生まれ、2017年に日本平へやってきたそうだ。 …

ニホンザルの赤ちゃん

東京は午前中は雨。午後から晴れて、暑くなる。夜は家の周りでコオロギが盛んに鳴く。ツヅレサセコオロギかな。カネタタキの声もかすかに聞こえる。秋の気配も少しずつ感じるようになった。 多摩動物公園のサル山。今年は2匹の赤ちゃんが生まれたようだ。 …

ムフロンの赤ちゃん

今日の東京は弱い雨が降ったり、止んだりで、青空が広がり、陽がさす時間帯もあった。都心の最高気温は32.3℃。 夜には窓の外からアオマツムシの声が聞こえてくる。 昨年の東京オリンピック・パラリンピックに関連して、ついに逮捕者が出た。東京地検特捜部は…

イブキとプラム

昨日が立秋だったが、実際に秋の訪れを感じるのはまだ先の話。今日も東京は33.9℃。定義上は猛暑ではないのかもしれないが、猛烈に暑かったことに変わりはない。今年は自宅周辺でクマゼミが多い気がする。ただし、朝のうちはシャワシャワシャワシャワ・・・と…

キリンの新しい寝小屋

多摩動物公園のサバンナ園。本来はキリン、シマウマ、シロオリックス、モモイロペリカンなどが一緒に生活しているが、老朽化した寝小屋の建て替え工事のため、現在はキリン以外は園内のほかの場所へ移動している。工事は予定よりだいぶ遅れて、長期化してい…

チェリアとスカイウォーク

今日の東京は一日雨。予報では大雨になるようなことを言っていた気がするが、大した降りではなかった。夜になって雨音が少し大きくなった気はする。 最近、ネタ切れ気味なので、少し前の動物園写真。 多摩動物公園のオランウータン、チェリア。7歳♀。2016年…

コアラ親子

多摩動物公園のコアラ。昨年5月18日に生まれた赤ちゃんがすっかり大きくなっていた。母親は「こまち」(4歳)、父親は「コロン」(7歳)。性別はメスと判明したそうだが、まだ名前は決まっていないようだ。 生まれた時は体重1グラムほどだったらしい。1…

アヌーラ

多摩動物公園のアジアゾウ、「アヌーラ」♂。推定69歳で、国内最高齢。あの井の頭の「はな子」の年齢に並んだ。 白内障が進んで、視力が落ちているというが、広い運動場の一番奥にあるプールの近くまで行っていた。 柵の向こうには若いオスのヴィドゥラがいる…

ひな

多摩動物公園のオランウータン、「ひな」。先月、12歳になったが、釧路の動物園で生まれ、人に育てられたため、多摩動物公園でオランウータンとしての生き方を学習中。まだまだオランウータンの社会に馴染んでおらず、ほかのオランウータンに囲まれて、なん…

モモイロペリカン

多摩動物公園のモモイロペリカン。サバンナ園の工事に伴いアジア園のシフゾウの隣に一時的に引っ越してきた。 富士額。 室内のみんなは何をしているのかな?~チャッピー、アピ、ホッピー。 (きょうの1曲)森高千里/太陽と青い月 www.youtube.com

久しぶりに再開園した多摩動物公園

新型コロナウイルスの感染拡大で、今年1月11日から臨時休園していた都内の動物園が「まん延防止等重点措置」の全面解除に合わせ、3月22日から再開園した(上野は23日から)。 昨日、今年初めて多摩動物公園に行ってきた。この休園期間に国内最高齢のアフリカ…

アジアゾウのアヌーラ

1958年に多摩動物公園が開園した時からずっと暮らしているアジアゾウのアヌーラ。推定68歳のオス。 2017年に新アジアゾウ舎に逸早く引っ越し、4年間、非公開だったが、最近になって放飼場に出てくるようになった。白内障が進んでいるそうで、視力がどの程度…

コタロウ、豊橋へ

冬至。柚子湯には間違えて昨日入ってしまった。 多摩動物公園のニホンカモシカ、コタロウ(8歳)が本日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に移動。 コタロウは2013年8月1日に井の頭自然文化園で生まれ、その後、多摩にやってきて、ずっと1頭で暮らし…

冬のウサギ

多摩動物公園で飼育されているノウサギは3種類。 ニホンノウサギの亜種キュウシュウノウサギ。冬も白くならない。 多摩動物公園内に生息している野生のノウサギもキュウシュウノウサギである。 こちらはニホンノウサギのうちトウホクノウサギ。冬には真っ白…

落葉したらスゴイのが出てきた!

多摩動物公園のオランウータンのスカイウォーク沿いにある雑木林。葉がすっかり落ちたら、スゴイのが現れた。 超特大のスズメバチの巣。 葉っぱが茂っていた間は気づかなかった。 (おまけ)オーストラリアガマグチヨタカ (きょうの1曲)キャンディーズ/…

オランウータンのロキ

多摩動物公園のオランウータン、ロキ。小柄なので、お客さんから「赤ちゃん」と言われることが多いが、もう3歳である。 でも、この表情は何とも言えず可愛い。 少し前までジュリーやチェリアたちと一緒に出てくることが多かったが、最近は母親のキキと2頭…

木の上にいるのは・・・

多摩動物公園。木の上に何かいる。 タヌキでした。 アライグマなら木に登るが、木に登るタヌキというのはあまり見ない。かなり珍しい光景なのではないか。 木から下りるところを見たかったが、日当たりがよくて気持ちがいいのか、下りてきそうな気配がなかっ…

オランウータンの「リキ」が福岡へ

本日、衆議院が解散。総選挙は31日が投票日。 それにしても、解散と同時に議員たちが一斉に万歳をするのは不思議な光景だ。あそこで「ばんざーい」と両手をあげている人には投票したくないな、と思う。 多摩動物公園のオランウータン、「リキ」(8歳♂)が福…