散歩

高幡不動駅から多摩動物公園まで歩く(2)

京王線の高幡不動駅から多摩動物公園まで歩いた話。2キロにも満たない距離で、簡単に終わるはずだったが、いろいろ調べてみたら、勝五郎の生まれ変わり物語という不思議すぎる話が出てきて、予想以上に面白いことになってきた。藤蔵と勝五郎の話はまたその…

高幡不動駅から多摩動物公園まで歩く(1)

現在、多摩動物公園の最寄り駅といえば、言うまでもなく京王線および多摩モノレールの多摩動物公園駅である。しかし、多摩動物公園が1958年5月5日に開園した当時、2000年開業の多摩モノレールはもちろん、京王動物園線もまだ存在せず、動物園に一番近い駅は…

ドクダミ

ドクダミは数ある雑草の中でも手ごわい存在である。除草剤も効かないというし、完全な駆除は不可能ともいう。 それでも、草むしりをしていて、ドクダミの長い根が土の中からシュルシュルシュルっと抜けた時はけっこう快感だったりする。ただ、大抵は土の中に…

緑の小径

最近、散歩でよく通る小径。 ここではオナガに遭遇する確率が高い。でも、撮れる写真はこんなのばかり。 緑の濃淡。 行きつく先に「ピコリーノ」。 今朝のインコ。鳥はやっぱり電線より木に止まっているのがよい。 (きょうの1曲)Frederick Delius / On He…

烏山散策

今日の東京はまた冷たい雨。このところ天気が安定しない。最高気温も昨日は都心で22.5℃、それが今日は10.6℃。 良い天気だった昨日の日曜日、運動がてら世田谷区烏山界隈をママチャリで散策。 寺町の高源院。弁財天がまつられた浮御堂。 この湧水池は近年、お…

蘆花公園

不要不急の外出は自粛するように、との要請が出た週末。 午後、気分転換に蘆花公園を散歩。繁華街は閑散としていたらしいが、郊外の公園はそれなりに人出が多かった。 桜の季節が過ぎて、新緑の季節へ。 徳富蘆花の旧居もコロナ対策で内部の見学はできなくな…

お花見サイクリング

東京の桜が雪の中で開花してから1週間。ということで、春の陽気に誘われて、お花見サイクリングに出かける。 いつものように野川沿いを走るが、コサギ、カルガモ、ハクセキレイ、ムクドリ、ヒヨドリぐらい。桜の下ではシートを広げて宴会をやっているグルー…

春のじてんしゃ散歩

昨日の冷たい雨や雪が止んで、今日は朝から青空。気温は暖かくもないが、寒くもないといった感じ。 ということで、ママチャリで小さな春を探しに出かける。 先日も訪れた桜丘すみれば自然庭園。 キブシの花。 スモモの花。 野鳥はムクドリ、ヒヨドリ、シジュ…

すみれば自然庭園

4年に1度の2月29日、世田谷区桜丘の「桜丘すみれば自然庭園」に小さな春を探しに出かける。 もうスミレが咲き始めていた。 サンシュユ。 オトメツバキ。 ヒキガエル。 例年、3月になってから産卵するそうだが、今年はもう産卵は終わっている。 モミジの…

旧古河庭園

今日の東京は暑かった昨日から一転、最高気温が20.2℃。しかも、これは日付が変わってすぐの観測値なので、日中は20℃を下回っていたのだろう。弱い雨も断続的に降って、寒い一日。北海道の枝幸町歌登では最低気温が-4.2℃まで下がったそうだ。 写真は東京都北…

神代植物園

きょうから6月。午後から神代植物園へサイクリング。片道10キロほど。 まずは水生植物園へ。ちょうど花菖蒲の季節。 コウホネ。 水生植物園のあとは賑やかな深大寺の脇の坂を上って神代植物園へ。入園料500円。 最初に目に留まったのは昨年の台風24号の影響…

すみれば自然庭園

午後、世田谷区桜丘の「桜丘すみれば自然庭園」を散策。 ここは化粧品メーカー、シュウウエムラの創業者・植村秀氏の父、植村傳助氏の邸宅跡で、世田谷区が整備し、一般に公開している。植村氏の構想のもと、武蔵野の風景を再現した庭園は地元住民の憩いの場…

新宿御苑

新宿に行ったついでに新宿御苑の中を少し散歩。 福寿草がちらほらと咲き始めていた。 (追記:20日の朝のNHK「おはよう日本」で気象予報士の南利幸さんがまったく同じ福寿草の写真を紹介していた。まさにこの花だった) ソシンロウバイはよい香りを放ってい…

食と農の博物館

日曜日に散歩がてら出かけた東京農大の食と農の博物館。 すぐ隣の馬事公苑が東京オリンピックの会場整備のため長期休苑中で足が遠のき、博物館も久しぶりだったが、オホーツク展というのをやっていた。 これは常設展示のクリオネ水槽。クリオネは貝殻をもた…

深大寺サイクリング

今日はすっきりとした青空が広がり、最高気温も22℃ほどと、さわやかな風の吹く一日。 午後からサイクリングに出かけ、また野川に沿って深大寺方面へ。 深大寺のある谷戸の東隣の谷戸にある深大寺自然広場にやってきた。道の右手の丘は「かに山」と呼ばれ、キ…

最後の開渠

世田谷区内の古道「滝坂道」の支線「滝坂北道」について調べていて、ついでにこの古道が横切っていた北沢川(目黒川の支流)上流域の水路跡もいろいろ見て歩いた。 最近まで水路が残っていたところも暗渠化されたり、水路に蓋をしただけの暗渠を埋めて、かわ…

民家園

吹く風がちょっとひんやりするものの、春らしい一日。 世田谷区喜多見の次太夫堀公園内にある民家園。世田谷区内の古民家を集めた公園。 江戸後期から明治初期の建物が集められている。 下の写真の家は平成の初めまで現役だったらしい。

すみれば自然庭園

世田谷区桜丘にある「すみれば自然庭園」に行ってきた。 タチツボスミレがわずかながら咲き始めていた。 サンシュユ。 アトリが来ていた。 今シーズンはいろいろな場所でアトリを見る。 尾羽が切れてしまったけれど、かわいいので。 ヒマワリのタネを食べる…

砧公園

けさ、玄関のしめ飾りをはずしたら、ついていた稲穂の米がほとんどなくなっていた。いつもちょっと傾いていて、見るたびに直していた。風のせいかと思っていたが、どうやらスズメのしわざらしい。 これまで週末のウォーキングというか散歩の主要な行き先だっ…

殿ヶ谷戸庭園

日曜日のサイクリングの話の続き。 小金井市の滄浪泉園を散策した後、まだ少し時間があったので、中央線の線路沿いに西へ走って、国分寺駅そばにある都立殿ヶ谷戸庭園へ行く。 殿ヶ谷戸庭園は浜離宮庭園や六義園、後楽園など東京に9か所ある都立庭園の中で…

滄浪泉園

日曜日、サイクリングで野川沿いを上流へ向かい、小金井市の滄浪泉園(そうろうせんえん)まで行く。過去に何度か訪れているが、久しぶり。 滄浪泉園は多摩川が数万年の年月をかけて形成した河岸段丘のうち、武蔵野面と立川面の間の段丘崖、国分寺崖線の地形…

秋色の馬事公苑

今日の東京は肌寒い曇り空。そんななか、午前中、またまた馬事公苑までウォーキング。 すっかり秋の色が濃くなってきた。 放飼場のポニー。 前髪を結ってもらっている。 今日は全国大学対抗馬術競技大会が開かれていて、いつも以上に馬も人も多かった。北海…

日曜日の馬事公苑

今日の東京は雨。午後には上がり、一時薄青い空ものぞいたが、夕方にはまた曇る。 16日の午前中、また馬事公苑までウォーキング。開苑前に着いたので外周1600メートルコースを2周してから入苑。今日もまた障害馬術の競技会が行われていた。馬運車の中には室…

馬事公苑と多摩川

久しぶりに青空。でも、ちょっと暑い一日。 午前中は馬事公苑までウォーキング。今日も馬術競技会をやっていて、見物してしまったので、まじめに歩いたのは家からの往復と馬事公苑の外周コース(1600m)一周のみ。トータルで6キロ強。10763歩。 そばで見て…

また馬事公苑

きのう21キロのウォーキングをして、夜は同窓会があり、朝はいつもよりだいぶ遅い8時過ぎに目が覚めた。 腿の筋肉にいくらか張りがあったり、アルコールもまだ体内に残っているような感覚があるが、だからこそまた歩いてきた。 馬事公苑まで速足で2キロ、…

蘆花公園と梨・リンゴ狩り

今日は雨の予報だったが、意外に天気がよかったので、午前中、蘆花恒春園までウォーキング。 文豪・徳冨蘆花が40歳を迎えた明治40年から昭和2年に亡くなるまで過ごした旧宅を中心とした公園。昭和12年に愛子未亡人により旧宅の敷地が当時の東京市に寄贈され…

馬事公苑

朝、ウォーキングがてら馬事公苑まで歩いていく。片道2キロほど。 先週末は区民まつりで大変な賑わいだったが、今週は静かな雰囲気。暑さもさほど厳しくはない。 武蔵野自然林。区民まつりではこの小径が「きもだめし」会場になっていた。 動物にエサを与え…

ホースショー

今日の東京は朝までは暴風雨といってもいいほどの強い風と雨。雨は午前中に上がり、青空が広がったが、風は強いままだった。東京の気温は27℃まで上がる夏日。30℃を越えた地点もあったようだ。 馬事公苑で3日〜5日までホースショーをやっているので、今年も…

多摩川ウォーキング

正月に鎌倉の七福神めぐりをした仲間5人で多摩川ウォーキング。 京王多摩川駅を起点に多摩川左岸を上流へ向かい是政橋まで行き、対岸へ渡って、鶴川街道の多摩川原橋まで歩いて戻ってくるコース。約12キロ。 ウグイスやキジ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ…

春の浅草

浅草寺の伝法院庭園が現在、公開中。 「伝法院庭園特別拝観と大絵馬寺宝展」。5月9日(月)まで。 国内外からの観光客で大賑わいの仲見世のすぐそばにまるで別世界が存在する。 浅草寺の本坊・伝法院の庭は小堀遠州作の回遊式池泉庭園で通常非公開だが、近年…