つくばエクスプレス

8月24日に開業した「つくばエクスプレス」に乗ってきた。 車内の様子を観察してみると、この電車を生活の足として利用している人より、僕と同じような体験乗車組が多いように感じられた。 しかし、まぁ、とにかく速いことは速い。トンネルと高架と切通しで…

どん行自転車最果て行き(初山別~稚内)

日本海を見下ろす草原台地のキャンプ場。天気は快晴。大気はさわやか。沖合に利尻富士の薄青い三角形が浮かび、南には天売、焼尻の島影も微かに望まれる。静かな朝だ。 キャンプ場の敷地内には「赤白横線塗、塔形」の金毘羅岬灯台が立ち、その灯火に集まった…

どん行自転車最果て行き(浜益~初山別)

白々と明けた浜益のキャンプ場。気温は19.5度。天気は曇り。洗濯物はまだ微かに湿っているが、まぁ、仕方がない。6時に出発。 今日も海辺の国道をひたすら北へ向かう。山あいに入ったり海辺に出たり上ったり下ったりして、紅白の灯台がある幌(ぽろ)の集落…

どん行自転車最果て行き(小樽~浜益)

小樽の公園で迎える朝。テントから出ると、オレンジ色の太陽が早くも海の上でギラギラと輝いていた。気温18度。 夜露でテントのフライシートがびしょ濡れなので、野球グラウンドのバックネットに引っ掛け、陽に当てて乾かす。 早朝から地元の人が次々と犬の…

どん行自転車最果て行き(積丹半島)

岩内のホテルで迎えた朝。5時起床、6時出発。気温は17度。 (青い屋根が泊まった岩内マリンホテル) まだ人通りもほとんどない岩内の街をあとに国道229号線を行く。 しばらくは平坦な田園地帯だったが、8キロほど走って原子力発電所のある泊村に入ると、…

どん行自転車最果て行き(洞爺湖~ニセコ~岩内)

昨年噴火した有珠山の噴煙を対岸に見る洞爺湖北岸のキャンプ場を6時45分に出発。上空には薄雲が広がっているが、青空ものぞき、天候に不安はない。気温は18度ほど。 (早朝の洞爺湖とコブハクチョウの一家) ここから日本海側に出て、積丹半島を回り、あとは…

どん行自転車最果て行き(大洗~室蘭)

きのう一日かけて東京から茨城県の大洗まで自転車で走り、いまは大洗を深夜に出航した北海道・室蘭行きの東日本フェリー「ばるな」の船上にいる。 満員の大部屋で一夜を過ごし、7時半に起床。 甲板に出てみると、風が強く、しかも冷たい。空は相変わらず陰…

どん行自転車最果て行き(東京~大洗)

どん行自転車最果て行き~かなり長めのプロローグ 連日の猛暑がようやく一段落して、暦の上でも今日は立秋である。それに相応しく、けさの東京はいくらか涼しい。気温23度。予報によれば、今日は曇りで、時々雨もぱらつくといい、予想最高気温は27度とのこと…

「青春18きっぷ」消化旅行~ぐるっと北陸

夏の北海道旅行で網走からの帰りに使った「青春18きっぷ」の使い残しが1日分あるので、ちょっとどこかへ出かけてこよう。 8月25日の夜8時過ぎに出発。まずは品川へ向かう。夏休みの期間中、品川始発の大垣行き臨時快速が運転されているので、それを利用して…

春の雪野を歩く

北海道のオホーツク海に面した浜小清水のユースホステルで迎える朝。 目を覚ますと、寝室は朝の光が差し込んでいた。 すでに起きて出発の準備をしている人、まだ朝の眠りをむさぼっている人。人それぞれの生活習慣を垣間みることのできる旅先の朝。 洗面所の…

ジャンプ台・札沼線・上砂川支線

札幌ライオンズユースホステルで迎える朝。ここは1972年の札幌オリンピックで日本勢(笠谷・金野・青地の3選手)が金銀銅メダルを独占したあの70メートル級ジャンプ台のすぐ下にあり、もとはジャンプ選手の宿舎として建設されたらしい。それがオリンピック…