鉄道

元祖「湘南電車」

台風15号は短命で温帯低気圧に変わったが、静岡県では記録的な豪雨となっているようだ。橋が流失したり、山崩れで送電線鉄塔2基が倒れ、停電も発生している。 東京では朝から弱い雨。午後には止んで、薄日も射したが、その後、また降り出し、夕方には雷も鳴…

篠ノ井線のスイッチバック

9月10日の信州日帰り旅行の話の続き。 中央本線の辰野支線に乗って、塩尻駅に着いたところ。この後、篠ノ井線で長野まで行き、最後は新幹線で帰ろうと思う。青春18きっぷは普通列車専用で、新幹線を利用する場合は特急券だけでなく乗車券も買わなくてはなら…

中央本線・大八回り

9月10日の信州日帰り旅行。安曇野でサイクリングをした後、松本に戻る。電車が8分遅れたので、14時10分着。この先の予定は未定ではあったが、腹案はいろいろあり、そのうちの一つを実行すべく慌ただしく14時17分発の塩山行きに乗り換える。塩山とは中途半端…

中央本線で松本へ

この夏は十数年ぶりで青春18きっぷを購入し、房総半島、静岡、上越線、茨城県に出かけた。あと1日分を残したまま使用期限の9月10日を迎えた。もう十分に元は取ったが、使い残すのももったいないので、最終日の10日に出かけてきた。 行きたい場所はいくらで…

茨城県のローカル線旅(その4)

9月3日に茨城県まで出かけた話の続き。 ひたちなか海浜鉄道に乗ったり降りたりして常磐線の勝田駅に戻った時点で、常磐線をもう少し北へ行ってみるか、水戸から鹿島臨海鉄道に乗るか、水戸線に乗るか・・・といろいろな選択肢があったが、とりあえず勝田14…

茨城県のローカル線旅(その3)

9月3日に茨城県のひたちなか海浜鉄道に乗った話の続き。 那珂湊の魚市場で昼食をとり、12時54分発の勝田行きに乗車。またもやキハ11-5の「ほしいも列車」である。今日はこのキハ11-5とキハ3710-02の2両が勝田と阿字ヶ浦の間を行ったり来たりしているよう…

茨城県のローカル線旅(その2)

茨城県のひたちなか海浜鉄道に乗った話の続き。 終点の阿字ヶ浦駅で下車して、まずは海を見に行く。駅から細い坂道を下っていくと、まもなく目の前に太平洋が広がった。阿字ヶ浦は茨城県の代表的な海水浴場だそうだが、さすがにもう泳ぐ人の姿はない。雲が多…

茨城県のローカル線旅(その1)

9月3日、上野6時31分発の常磐線に乗り、茨城県ひたちなか市にある勝田駅に8時32分着。ここから14.3キロのローカル線「ひたちなか海浜鉄道」に乗るのが今日の目的である。 この路線には過去に一度乗ったことがあるが、その時は茨城交通湊線といった。その後…

下北沢に原っぱ出現!

今日から9月。東京は朝晩雨が降ったが、日中は晴れて、蒸し暑く感じた。 気象庁は今年の夏の異例の早さで明けた梅雨の期間を修正し、関東・甲信地方は6月27日の梅雨明け発表が実際は7月23日ごろに梅雨明けと改められた。6月末から7月初めにかけて記録的な猛…

地底駅とループ線(その3)

上越線の湯檜曽、土合の両駅を訪ねる旅の話の続き。 土合駅から再び電車に乗って、上越国境を越え、新潟県まで足を伸ばそう。 川端康成が小説『雪国』を書くきっかけとなった越後湯沢逗留の際はまだ上越線は単線で、新清水トンネルは開通していなかったから…

地底駅とループ線(その2)

上越線の湯檜曽、土合の両駅を訪ねる旅の話の続き。 水上で約1時間、時間つぶしをして、11時40分発の長岡行きに乗車。先ほど湯檜曽から乗った電車の折り返しで、これも臨時列車である(越後湯沢からは毎日運行)。 昼食にはまだ早いが、少しお腹が空いたの…

地底駅とループ線(その1)

昨日(8月27日)、庭の朝顔が花を開くより早く5時前に家を出て、8時前に群馬県の高崎駅までやってきた。今日は上越線の湯檜曽、土合の2駅を訪れるのが目的。いずれも下りホームが長大な新清水トンネルの中にある駅である。 高崎8時23分発の電車で久しぶり…

静岡鉄道静岡清水線

先日、静岡へ行った際に清水から静岡まで静岡鉄道の電車に乗った。乗らなくてもいいのだが、わざわざ330円の切符を買って、乗ってみた。 (JR清水駅前のペデストリアンデッキから見た富士山) (清水港) 静岡鉄道はかつては県内に多くの路線を持っていたが…

房総半島一周の旅(4)

房総半島一周の旅の話のつづき。 半島をほぼ一周して、君津から快速電車に乗り、このまま帰ってもよかったのだが、最後にもう一カ所、寄り道をするため、市原市の五井駅で下車。6月にも乗りに来た小湊鉄道の起点である。もう何度も乗った鉄道だが、今日は夕…

房総半島一周の旅(3)

8月11日に房総半島を旅してきた話の続き。 南房総市の太平洋岸、和田浦漁港近くの食堂で昼食にくじらカツを食べたところから。 (関東で唯一の沿岸捕鯨基地の和田漁港) 和田浦駅に急げば、12時18分発に乗れそうだったが、海岸や集落を散策していたら、乗り…

房総半島一周の旅(1)

久しぶりに「青春18きっぷ」を購入したので、各駅停車でのんびり鉄道旅行を楽しもうと思い、まずは昨日8月11日の「山の日」に海へ行ってきた。房総半島を一周しようと思う。 朝5時過ぎには家を出て、7時前にはもう千葉駅に到着。7時10分発の外房線、上総一…

あじさい電車

京王井の頭線は線路際にずっとアジサイが植えられており、この季節の車窓を彩っている。 上下との下北沢駅のホームから撮影。向こうに見えるのは新代田駅。下北沢駅にいつのまにかホームドアが設置されていた。 除草剤を使用していないからだと思うが、都会…

小湊鉄道の旅2022(その5)

小湊鉄道の旅の話の続き。たぶん最終回。 養老渓谷13時45分発の五井行きに乗車。キハ40の2両編成。 キハ200はロングシートだが、キハ40はボックスシートなので、進行方向を向いて、窓から吹き込む初夏の風を感じながら列車に揺られていると、昔の旅の記憶が…

小湊鉄道の旅2022(その4)

6月4日に小湊鉄道に乗った話の続き。上総鶴舞駅から11時55分発の上総中野行きに乗り、どこで降りようかと迷っているところから。何の目的も用事もなく、ただ列車に乗っているだけなので、とにかく自由なのである。唯一の制約条件は列車本数が少ないという…

小湊鉄道の旅2022(その3)

昨日梅雨入りした東京は今朝は青空だったが、すぐに曇って、弱い雨も降る。しばらくはこんな天気が続くようだ。 さて、6月4日に小湊鉄道沿線を旅してきた話の続き。里見駅から飯給駅まで歩いて、10時48分発の五井行きに乗ったところから。 先刻、上総川間…

小湊鉄道の旅2022(その2)

今日の東京は雨が降り続き、気温も低い。気象庁は関東地方が梅雨入りしたとみられると発表。 さて、6月4日に小湊鉄道に乗ってきた話の続き。 上総川間から9時24分発の列車に乗ったところから。 この列車は1日5往復しかない貴重な上総中野行きで、とりあ…

小湊鉄道の旅2022(その1)

昨日(6月4日)、また千葉県の小湊鉄道の沿線に出かけて、昭和の鉄道風景がそのまま残る列車に乗ったり、駅間を歩いたりしてきた。 小湊鉄道に乗るのは3年ぶりだが、この間に新たな車両が導入されるなどの変化もあった。新たな車両といっても、JR東日本か…

地下の上

小田急線の東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅が地下化されて9年が経った。この区間の地上線路が消えて、その跡地はどうなったのか。 peepooblue.hatenablog.com 新宿寄りの下北沢駅前に立つと、線路跡はまだ空き地のような状態だが、これは下北の街に幅26メ…

小田急ロマンスカーVSE、定期運行終了

小田急のロマンスカー50000形VSEが本日限りで定期運行を終了。 車体構造が特殊で、保守に手間がかかり、コロナ禍の影響で明日からのダイヤ変更で、箱根湯本行きの特急が大幅に削減されることもあり、2005年のデビューからまだ17年という異例の早さでの運用離…

コゲラ

風の冷たい一日。 東京の新型コロナ、今日の感染確認は16,583人。今週中に2万人突破か。 ウクライナ情勢も緊迫の度合いを高めている。日本にはプーチンのお友達を自任する政治家がいたはずだが、こういう時こそ直接会って、何か言ってやったら、と思うのだが…

2007年1月の鹿島鉄道

少々ネタ切れ気味なので、ちょっと昔の写真シリーズ。 2007年1月の鹿島鉄道。常磐線の石岡と鉾田を結んでいたが、この年の3月末限りで廃線となったので、終焉間近である。 常陸小川駅に留置されていたDD901。独特の存在感を持つ機関車だった。 霞ケ浦沿いを…

生田緑地の旧型客車

川崎市多摩区の生田緑地に保存されている旧型客車。 スハ42-2047。 昭和23年に製造され、常磐線軽油東北線の上野~青森間を37年間に555万キロ(地球およそ40周分)走り続け、昭和60年3月に水戸機関区で廃車となったそうだ。昭和60年3月のダイヤ改正で…

ちょっと昔の鶴見線

特にネタがない時の古い鉄道写真シリーズ。古いと言っても、そんなに昔ではなく、微妙な古さ。 鶴見線の海芝浦駅。ホームの真下が海であり、改札を出ると、そこは東芝の構内なので、部外者は改札から出ることができない駅。 ところで、この黄色い電車は101系…

非電化時代の相模線

東京は朝から雨。午後にはほぼ止む。 あまりネタがないので、昔の写真。下手な写真だが、1980年頃の相模線。用もないのに、わざわざ乗りに行った時のもの。まだ国鉄の時代で、電化もされておらず、キハ20が走っていた。 入谷駅付近にて。当時はまだ厚木~…

線路に咲くアサガオ

東急世田谷線の線路にアサガオが咲いていた。 ちょうどよいタイミングで招き猫電車がやってきた。 この招き猫電車は当初、期間限定のはずだったと思うが、結局、ずっとこのままなのだろうか。 (きょうの1曲)河井英里 / Dawn www.youtube.com