コウノトリ

コウノトリの最新情報

今日の東京は都心の最高気温が35.7℃で、この夏二度目の猛暑日となる。郊外の練馬では36.4℃。 千葉県野田市で自然に放たれたコウノトリの最新情報。 最初の世代の「未来」♀と「翔」は引き続き茨城県神栖市。 そして、ここには「きずな」♂もいる。さらに今年の…

関東のコウノトリの最近の動向

久しぶりに関東のコウノトリの情報。 千葉県野田市の「こうのとりの里」で5月7日に誕生した2羽のうち、メスは「リン」、オスは「ミズキ」と命名され、本日、放鳥作業が行われたようだ。飼育ケージの天井ネットを開放するという形で、行われたので、2羽が…

鷺草の芽生え

世田谷区の花にも指定されている鷺草。数年前に球根を買って、一度咲いただけなのだが、今年もミズゴケの中から芽を出した。今年は咲いてほしい。 ビデンス。 ハナミズキ。 千葉県野田市で放鳥されたコウノトリの最新情報。 栃木県小山市の渡良瀬遊水地の人…

コウノトリの最新情報とカーリング世界選手権

千葉県野田市で放鳥されたコウノトリの最新情報。 まずは大変残念な話。2018年に放され、九州まで飛んでいって、佐賀県伊万里市にずっと滞在していた3歳の「りく」♂が死んでしまった。「りく」が発見されたのは愛知県内で、衰弱しているところを保護された…

水抜き穴に育つド根性植物群

世田谷区内を流れる仙川は両岸をコンクリートに覆われた典型的な都市河川だが、そのコンクリートに開けられた小さな水抜き穴にいろいろな植物が育って、なかなか面白い。 草もの盆栽の作品展のようだ。 木も生えている。 コガモのカップル。 栃木県小山市の…

コウノトリ、2年連続のヒナ誕生

千葉県野田市で放鳥されたコウノトリ、2016年生まれの「ひかる」♂と2019年生まれの「レイ」♀が栃木県小山市の渡良瀬遊水地に設置された人工巣塔で営巣し、「レイ」が産卵したらしいという話は少し前に紹介したが、昨日、ヒナが少なくとも1羽孵化しているの…

サラサドウダンのつぼみが出てきた

先日紹介したサラサドウダン。それぞれの枝の先端についていた芽が割れて若葉と一緒にたくさんのつぼみが出てきた。 植え付けて最初の年から咲いてくれるとしたら、こんなに嬉しいことはない。 赤、白、黄色のチューリップ。 プルモナリア。 (コウノトリ最…

原種チューリップ

今日の東京は青空が広がり、うららかな陽気。近所の桜も満開だが、花にはメジロやヒヨドリだけでなく、インコやスズメもやってきて花を落としている。 うちの庭では、先日もちょっと紹介した原種のチューリップが開花。 ハナニラの奥でムスカリも咲き出した…

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシの花がもうあちこちで咲き出している。この花については毎年見つけると写真を撮り、ブログにのせているが、過去の記事を遡ってみると、すべて4月である。今年は桜と同様に開花が早いのだろう。 オオイヌノフグリとナナホシテントウ。 (コウ…

すももが開花

庭のスモモ(プラム)のサンタローザの花が2輪咲いていた。 隣に植えてある大石プラムの花はまだ開かず、こちらは葉っぱが出てきた。 今日は全国トップで広島市の桜が開花したそうだが、我が家の桜も開花間近。 昨日、野田市のコウノトリ情報で、2016年放鳥…

コウノトリの最新情報

千葉県野田市で自然に放されたコウノトリたちの最新情報。装着したGPS発信機が不通になってしまい、居場所の特定は目撃情報頼みという個体も増えてきているのが実情。目撃情報といっても、足環の色で個体識別しなければ、個体ごとの居場所の把握には繋がらな…

初冬のカマキリとコウノトリ最新情報

今日の東京はどんよりとした曇り空。昨日は日中20℃を超える暖かさだったが、今日の都心の最高気温は12月上旬並みの13.3℃。しかも、これは日付が変わってすぐの0時24分に出た記録。日中はこれよりも低い気温で推移し、初冬を感じさせる寒さだった。 庭でカマ…

コウノトリ「歌」の死

東京は久しぶりに青空の一日だったが、今日は残念な話。 栃木県でケガの治療のため、保護されていたコウノトリの「歌」が死んでしまった。 「歌」は2018年、徳島県生まれの2歳♀。去年、今年と2年連続で関東に飛来し、今年は千葉県野田市生まれの「ひかる」…

きょうから10月

今日から10月。もう10月である。街を歩いていて、今季初めて金木犀の香りが漂ってきた。 例年より遅めの彼岸花。 今日の夕空。 ねぐらへ帰っていくワカケホンセイインコの大群。これはかなり大きな集団だが、あとからも5羽~10羽ぐらいの群れが次々と上空…

コウノトリ最新情報

千葉県野田市で2015年から継続しているコウノトリ放鳥プロジェクトの最新情報。 2016年に放された「ひかる」は栃木県小山市の渡良瀬遊水地の人工巣塔で、徳島県鳴門市から飛来した「歌」と営巣し、5月30日頃、めでたく2羽のヒナが誕生。ヒナは「ゆう」♀と「…

野田のコウノトリ、今年も放鳥

千葉県野田市で2015年に始まったコウノトリの野生復帰プロジェクト。今年も昨日(7月15日)、コウノトリ1羽が自然に放された。4月8日生まれのオスで、公募により「たいよう」と命名された個体。 実は今年、野田の「こうのとりの里」では3羽のヒナ(いずれ…

コウノトリ「ひかる」と「歌」にヒナ誕生

千葉県野田市で野生に放されたコウノトリのうち、2016年放鳥の「ひかる」(4歳♂)と2018年に徳島県で生まれた「歌」(2歳♀)は日本最大の遊水地で、ラムサール条約登録湿地でもある渡良瀬遊水地の人工巣塔(栃木県小山市)で営巣中だったが、このほど少なく…

コウノトリ最新情報

千葉県野田市で放されたコウノトリの最新情報。 栃木県小山市の渡良瀬遊水地で営巣中の「ひかる」と「歌」のつがいが抱卵中とみられるとのこと。小山市が発表。もし有精卵であれば、今月末にも孵化する可能性があるようだ。これが事実なら関東では初の繁殖に…

野田のコウノトリ最新情報

千葉県野田市で放されたコウノトリの情報が大型連休をはさんで久しぶりに更新された。 「翔」♂は千葉県旭市付近。 「未来」♀は昨年の台風以来、GPSが不通になっていて、3月15日に茨城県神栖市で確認されたのを最後に情報が途絶えている。引き続き「翔」と行…

野田のコウノトリ最新情報

千葉県野田市の「こうのとりの里」では今年も4月7日に1羽、8日に2羽のコウノトリが卵から孵ったそうだ。同所では「コウくん」(15歳♂)、「コウちゃん」(24歳♀)という安直なネーミング(笑)のコウノトリのペアを飼育しているが、血統の多様性を維持す…

つぼみ

オダマキのつぼみが膨らんできた。 スズランもこんな状態で、もうつぼみが出てきた。 早すぎないか? 庭でモミジが芽を出していて、踏んでしまいそうなので、鉢に上げてみた。あんまり鉢植えを増やしたくないのだが・・・。 今朝の鳥。スズメとインコ。 ムク…

緊急事態宣言

新型コロナウイルスの感染拡大が社会に深刻な影響を及ぼす中で、本日、安倍総理が東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・福岡の7都府県を対象に「緊急事態宣言」。 19時から総理の会見、当然、国民に向かって語りかけるのだろうと思っていたが、相変わらず…

4月1日のコウノトリとキツネ

今日から4月。東京は終日雨が降り続き、最高気温も3月上旬並みの12.9℃までしか上がらず。 千葉県野田市で自然に放されたコウノトリの本日の情報。 2015年生まれの「翔」と「未来」は茨城県神栖市付近。 2016年生まれの「きずな」は福島県の喜多方市から矢…

キセキレイ

きょうで3月も終わり。明日から4月、新年度の始まりだが、世の中全体が寒々としている。 休園になる前の多摩動物公園で撮影したキセキレイ。 (コウノトリ最新情報) 千葉県野田市で2016年に放されたコウノトリの「キズナ」。昨日(30日)朝8時には新潟県…

すずらん発芽

東京は今日も冬の寒さで、天気は曇り。 志村けんさんの訃報が日本中に衝撃を与える。著名人の訃報に接することは日常的にあるが、個人的にも今回は最大級のショック。子どもの頃からテレビで観ていて、現在までずっとバリバリの現役という人はそう多くはない…

きょうのコウノトリ

千葉県野田市で放鳥されたコウノトリの最新情報。 東北から戻って、茨城県神栖市にいた「きずな」は再び動き出し、昨日の朝には富士山麓の山梨県忍野村で確認され、夕方には長野県松本市で目撃されている。 「未来」「翔」「レイ」は神栖市付近。 「ヤマト」…

きょうのコウノトリ

今日の東京は最高気温が日付が変わった直後に出て14.0℃。その後、気温は下がり、10時台過ぎには8.0℃。昨日のポカポカ陽気から冬に逆戻り。 千葉県野田市で自然に放されたコウノトリの最新情報。 宮城県まで北上していた「きずな」♂はすぐに関東に戻ってきて…

フォッサ

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界中で様々な影響が出ている。スポーツの試合や大会も各地で中止や延期になり、予感はあったのだが、個人的に楽しみにしていた14日開幕のカーリング女子世界選手権(@カナダ)も今朝中止が発表された。日本からはロコ・…

3月10日のコウノトリ

今日の東京は一日中雨が降り続き、夕刻にはかなり強く降る。朝の最低気温が今年初めて10℃を上回り、12.6℃。最高気温は15.9℃。 千葉県野田市のコウノトリの最新情報。 茨城県神栖市を拠点(?)に静岡県沼津市まで2度遠征した「きずな」♂が今度は北へ向かい…

2月25日のコウノトリ

千葉県野田市のコウノトリ、本日更新された情報。 「未来」はGPS不通で、情報が途絶えているが、たぶん茨城県神栖市付近? 「翔」も神栖市。 「きずな」は静岡県沼津市まで行って、また神栖市に戻ってきた。 「ひかる」は栃木県小山市。 「ヤマト」は野田市…